top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

マスクは今でも個人の判断なのに・・

3月13日を境に「マスクの着用は個人の判断に委ねる」のだらしい。マスゴミ(テレビがないので新聞)でもこういう言い方で報じられている。


この言い方がまったく鬱陶しくてたまらない。今までだって個人の判断だったのだ。国はマスクの着用を「推奨」していただけ。「マスクの着用は原則として推奨されなくなる」と正確に報道してほしい。まあしかし矜持がないのだ。今さら正確な報道は期待してない。


ところでこのたびの出張で楽しみにしていたことがある。新幹線や混んだ在来線ではマスクをしていない人を避けるようにして人が座ると聞いていたから。しかし期待外れ。マスクをしない私の隣に平気で人が座る。避け傾向があるようにはまったく思われなかった。


ちなみに新幹線ではノーマスクは私以外は皆無。行きと帰りで数百人を観察したがゼロ。デパートでも皆無。東京駅では200人に1人くらい。在来線も皆無。大通りは100人に1人くらい。


しかしシンポジウム会場は半分くらいの人がノーマスク。こういう意識高い系のイベントはノーマスク率が高い。今までで一番高かったイベントは150人中148人くらい。今時そんなシーンがあるのか!とびっくりする人もいることだろう。


これはどういうことかと言うと、コロナは意識が高い系の空間では弱毒化しているのだ(笑)。だからマスクをしない。


ついでに言うと、3月13日を境に突如として全国で弱毒化するのだ(笑)。だから国はこの日を境にマスクを推奨しない。


しかし不思議だね!イベントによってとか、ある日を境に弱毒化するって(爆)。これが人間社会、というか文明、いや都市化なんだろうね。

最新記事

すべて表示

ともかくまずは種を繋ぐこと

先週末は当地有志による映画祭のイベント。私も一応は頭数のはずなのだが、いつものごとくまったく関与できず。皆さんには頭が下がる。 このたびのテーマは「種」。種というのは大変難しいテーマだ。私ら農家や家庭菜園家ですら無頓着な人が多いのに、種を蒔く機会のない人たちにとってはあまりに哲学的な素材である。さらにアメリカなどと違って、種の事情が目に見えて社会問題化していないという背景がある。 うちが小5を対象

オンラインミーティングで触れなかったこと

昨夜のオンラインミーティングで触れなかったことは当然まだたくさんあって、そのうち2つほどここに書いておきたい。 まず大豆の収量について、実は自家採種との関係で一つの傾向をつかんでいる。これはもう10年くらい前に、ある方からこのことを聞いて、毎年そのつもりで観察してみると確かに傾向がありそうなのである。 それが何か、ということがなかなか言い辛い。勘のいい人ならその訳がわかるか。しかし今はそれでいいと

農業者のために農業者にしかできないこと

農業をやっている人、これから始めたい人の世話を焼くことが、農業歴を増すごとに増えてきていて、とりわけ昨年から特に多くなっている。機械の斡旋や仲介、農地の相談、栽培技術の相談、販路紹介など、分野は広い。 農業者のサポートというのは、近年では多くを行政が担うようになっているが、一昔前ならそんなことはなかったし、今でもほとんどの行政マンが実際の経営を経験しているわけではないのだから、同業者、つまり我々農

bottom of page