top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

マスクは今でも個人の判断なのに・・

3月13日を境に「マスクの着用は個人の判断に委ねる」のだらしい。マスゴミ(テレビがないので新聞)でもこういう言い方で報じられている。


この言い方がまったく鬱陶しくてたまらない。今までだって個人の判断だったのだ。国はマスクの着用を「推奨」していただけ。「マスクの着用は原則として推奨されなくなる」と正確に報道してほしい。まあしかし矜持がないのだ。今さら正確な報道は期待してない。


ところでこのたびの出張で楽しみにしていたことがある。新幹線や混んだ在来線ではマスクをしていない人を避けるようにして人が座ると聞いていたから。しかし期待外れ。マスクをしない私の隣に平気で人が座る。避け傾向があるようにはまったく思われなかった。


ちなみに新幹線ではノーマスクは私以外は皆無。行きと帰りで数百人を観察したがゼロ。デパートでも皆無。東京駅では200人に1人くらい。在来線も皆無。大通りは100人に1人くらい。


しかしシンポジウム会場は半分くらいの人がノーマスク。こういう意識高い系のイベントはノーマスク率が高い。今までで一番高かったイベントは150人中148人くらい。今時そんなシーンがあるのか!とびっくりする人もいることだろう。


これはどういうことかと言うと、コロナは意識が高い系の空間では弱毒化しているのだ(笑)。だからマスクをしない。


ついでに言うと、3月13日を境に突如として全国で弱毒化するのだ(笑)。だから国はこの日を境にマスクを推奨しない。


しかし不思議だね!イベントによってとか、ある日を境に弱毒化するって(爆)。これが人間社会、というか文明、いや都市化なんだろうね。

最新記事

すべて表示

ツキノワグマはたぶん狂暴化している

暑い・・。転作田の表面が白くてサラサラ。播種深に悩みながらひたすら播種を進めている。 一昨日、大変ショッキングな事件があった。帰宅しシャワーを浴びようと風呂に行ったら、窓の外からガサガサと音がする。見ると直線距離で7~8メートルのところの藪が動いている。普通はイノシシだが、ちょっと様子がおかしい。これは熊かも知れないと、息を潜めてジッと見ていた。 そのうち娘が帰ってきて私を見つけて大声で話し出した

大貫橋規制があまりにバカすぎる

ただでさえ道路事情で多くの住民がくたびれている時に、今度は県からの嫌がらせともいえる不思議な規制が。う回路である江の川にかかる大貫橋を一方通行にしたのだ。ということは橋を通ればわずか500mの対岸に渡るために、なんと6kmも迂回しなければならない。 誘導員から説明を受けたときは意味が分からず何かの間違いだろうと思った。何度確認しても、「朝言われたんです・・」と申し訳なさそうな返事。誘導員もこれがバ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page