• 反田孝之

マスクをしないで飛行機を下ろされた事件

稲刈りをやりたい!けど空がどんより。少しでも早く開始したい!と言いながら、今弁当食ってこんなもの書いている。昔はこんな時は弁当は食わずにやったものだが、もうそういう年ではなく、それをやると後にくる。諦めて休んでいる。でもあと20分後には出る。


マスクしないで飛行機を下された記事を見た。マスコミの報道はさっぱり当てにならないからいろいろ調べていたら、やっぱりでたらめ。この人はあくまで真っ当で、航空会社を始めとして周囲の乗客の「いじめ」が明るみになった出来事と思う。


動画があったから、それを見ていて、もし私がこの場に居合わせたなら、「私もやっぱり外します!」と参戦しただろうと思った。でも初めからマスクをしないということはしない。して搭乗して、頃合いを見て外す。だって面倒だし、臆病だから。この人はえらいよ。


でも助太刀はしたい。明らかにいじめっ子(航空会社)の理屈はおかしい。それに見て見ぬふりをする共犯者(乗客)にも耐えられない。だから助太刀を名乗り出る。もしかすると私も一緒に面倒に巻き込まれるかもしれないし、ニュースの対象者にになるかもしれない。でも共犯者の中にはおかしいと思っている人も多くいるはず。これをみて2人目、3人目の助太刀が現れたなら、きっと事態は変わっていたことだろう。


個性の時代とか、みんな違っていいとか、今の社会は表面できれいごとばかり言ってるけど、結局は同調圧力によってそういう人を認めない社会。ちゃんちゃらおかしいわ。このたびの対応はマスクが重大な事態を左右する存在であるなら百歩譲って分かるけど、飛行機の中では好みの域、ちょっとあり得んでしょ。外国と比べるなって。そうよ、マシよ。でも悪い方と比べてどうする。そして筋が違う。


時間切れ。稲刈り行くぞい。

最新記事

すべて表示

もしかしてバカなのか

最近よく見かけるフレーズだ。個人的には流行語大賞の一押し。新コロ対応について主に政治家や御用医学者ら権力側にいる人たちに対して使われる言葉だ。過剰対応を揶揄している。 つまりこれまでの過剰対応はもちろん、このたびの東京の緊急事態宣言とか、泣きたくなるくらいに意味不明の対応に対し、しかし彼らはバカではないのだろうから、実は飲食業界を始めとする業種の再編とか、中国共産党が株主の某大手新聞社に代表される

情報は変わらないし、人は変わる

私のネタの選び方のせいか、ここで書いたことがうちのすべて(ほとんど)と思っている人がいそうだということは、これまでに感じてきたこと。 んなわけがないではないか。こんなところで書くことなんて、うちのごくごく一部のこと。しかも私も日々進歩している(笑)ので、考え方だって手法だってどんどん変わる。アーカイブ見て今の私がそのままと思われても困る。ちょっと前に私が書いたJASネタについて電話をかけてきた人は

「〇〇バカになりたくない」

「○○バカになりたくない」と言う人をときどき見る。つまりは私の様に、農業でそれなりに結果を出し評価されている一方で、そのことに忙殺されて他のことはからっきしダメ、という人間にはなりたくないという意味らしい。 人それぞれなんだから、そう思う人がいても一向に構わないけれど、この言葉に振り回されている、つまり何もできないことの言い訳に使っている人が少なからずいそうなことを常々残念に思っている。 私の仕事