top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

リテラシーを鍛えよう

私のコロナや健康についての考えを言うと、「素人のお前が何を言うのか」的な反論をされることがあって溜め息が出ることがある。私自身にそんな専門的な知識があるわけがないではないか。私の知識や意見はあくまで諸専門家や誰かがどこかで主張しているものだ。主張にはピンキリがあるから、私は私が正しいと思うものをピックアップして伝えているに過ぎない。そんなことも前提で考えられないのかと。


「リテラシー」という言葉がある。正しく理解し正しく活かす、というような意味だ。日本人はメディアリテラシーが低いとか、ネットリテラシーが大事だとかはよく耳にするだろう。素人の私の意見の土台部分にいちいち噛みつくのは、これもある種のリテラシーのなさである。


そのリテラシーについて、このコロナ騒動を経験して、日本人が弱いのはメディアリテラシーだけでなく、確率・統計リテラシーもだなとつくづく思う。死亡「率」とか交通事故「率」とか、そういう統計データを理解しそれが日常生活とリンクしない人が余りに多い。例えば3万人死ぬ感染症を無視するくせに、1500人死ぬ感染症は命に代えても(笑)恐れる。そういう数値は一応分かっちゃいるんだけど、頭の中は流行や雰囲気の方が支配してしまう。


今(笑)などと茶化したけれど、現にノイローゼが増え、自殺者が増え、かえって他の病気をこじらせているなどという報道がされ始めているではないか。このリテラシーがあれば、コロナでの死亡率と予想される自殺者の死亡率を比べるだけでコロナ騒動は一瞬で終わるはず。「予想される」自殺者数もこれまでの統計がきちんと見れる人なら、単なる予想でなくかなり確率が高い(現実的な)ものだということもわかる。


メディアとは真実を隠すことに全力を挙げる媒体である。確率・統計とは真実の一部を表す指標である。この本質を確かに捉えて生活に活かしたい。自分の頭で一から考えられなくても、これはとピンときた人の意見をなぞり、その都度自分なりに検証する。その繰り返しによって徐々に真実を見る目は洗練されていく。


というようなことを、子らにはしっかり伝えていきたい。学業がパッとしなくたって、そういうリテラシーを鍛えておけばそれなりの人生が歩めるのではないか。他者から侵されず、奴隷にならず。自由ほど尊いものはない。


最新記事

すべて表示

ともかくまずは種を繋ぐこと

先週末は当地有志による映画祭のイベント。私も一応は頭数のはずなのだが、いつものごとくまったく関与できず。皆さんには頭が下がる。 このたびのテーマは「種」。種というのは大変難しいテーマだ。私ら農家や家庭菜園家ですら無頓着な人が多いのに、種を蒔く機会のない人たちにとってはあまりに哲学的な素材である。さらにアメリカなどと違って、種の事情が目に見えて社会問題化していないという背景がある。 うちが小5を対象

オンラインミーティングで触れなかったこと

昨夜のオンラインミーティングで触れなかったことは当然まだたくさんあって、そのうち2つほどここに書いておきたい。 まず大豆の収量について、実は自家採種との関係で一つの傾向をつかんでいる。これはもう10年くらい前に、ある方からこのことを聞いて、毎年そのつもりで観察してみると確かに傾向がありそうなのである。 それが何か、ということがなかなか言い辛い。勘のいい人ならその訳がわかるか。しかし今はそれでいいと

農業者のために農業者にしかできないこと

農業をやっている人、これから始めたい人の世話を焼くことが、農業歴を増すごとに増えてきていて、とりわけ昨年から特に多くなっている。機械の斡旋や仲介、農地の相談、栽培技術の相談、販路紹介など、分野は広い。 農業者のサポートというのは、近年では多くを行政が担うようになっているが、一昔前ならそんなことはなかったし、今でもほとんどの行政マンが実際の経営を経験しているわけではないのだから、同業者、つまり我々農

bottom of page