top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

ワクチンは何のために打つのか

コロナ。最近すっかり飽きてしまってどうでも良くなった。マスクの意義も分からなくなってシーン構わずにずっとしてる人とかも見ていて気にならなくなった。困っている人らの立場とか、青春や希望を奪われた若者のことも考えなくなった。騒ぎが長引くほど儲かるので煽るだけ煽る人たちのこともあまり腹が立たなくなってきた。怖いね、こういうの。まあ忙しいから仕方ねえか。


近頃ではワクチンが賑やかだ。打つか打たないかで悩んでいる人が多いのだという。こんな判断は簡単だ。まず子供には打たせてはいけない。こんなのはデータを見れば議論の余地なし。次にできればまだ子供を作ろうと思っている大人も打ってはいけない。最後にそれ以外の人。はっきり言ってどっちでもいい。迷っている人はサイコロでも振って決めなはれ。


私はと言えば、絶対に打たない。打ったら100万円くれると言われても絶対に打たない。ワクチンは「何のために打つのか」ということを冷静に考えれば答えは自然とこうなる。悩む余地あるか? 漠然と考えるから悩むんだよ。


でも繰り返すけど、打っても打たなくてもどっちでもいい。身内以外はね。悲しいけど、しょうがないじゃん。


改めて見回ったところ、被害は思いのほか軽かった。しかし今の私の体力では直すのに四苦八苦。そしてさらに小口の換気細工でヘロヘロ。リハビリと思って頑張ろう。

最新記事

すべて表示

ツキノワグマはたぶん狂暴化している

暑い・・。転作田の表面が白くてサラサラ。播種深に悩みながらひたすら播種を進めている。 一昨日、大変ショッキングな事件があった。帰宅しシャワーを浴びようと風呂に行ったら、窓の外からガサガサと音がする。見ると直線距離で7~8メートルのところの藪が動いている。普通はイノシシだが、ちょっと様子がおかしい。これは熊かも知れないと、息を潜めてジッと見ていた。 そのうち娘が帰ってきて私を見つけて大声で話し出した

大貫橋規制があまりにバカすぎる

ただでさえ道路事情で多くの住民がくたびれている時に、今度は県からの嫌がらせともいえる不思議な規制が。う回路である江の川にかかる大貫橋を一方通行にしたのだ。ということは橋を通ればわずか500mの対岸に渡るために、なんと6kmも迂回しなければならない。 誘導員から説明を受けたときは意味が分からず何かの間違いだろうと思った。何度確認しても、「朝言われたんです・・」と申し訳なさそうな返事。誘導員もこれがバ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page