top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

一部を除いて大豆は継続してみる

(8月12日 11時12分 洪水直前)


(同じ圃場の今)


割り切って田津の大豆作業。電気柵の復旧及び草刈り。


すっかり枯れてしまったところ。枯れてはいないが収穫がまず無理なところ。それなりに莢をつけ始めて収穫もできそうな株。その隣で莢が一つもついていない株。様々な状態が入り混じっている。


収穫できても量がかなり少ないし、おそらく青垂れ株が多く、汚れによる規格外は免れない。となると数量払い(補助金の一つ)もつかない。果たしてこんなに頑張って甲斐があるのか、いっそのこと漉き込めば楽になるのではないか・・と思いながらで作業をするには今日の午前は暑すぎた。


もし洪水が来ていなければどうなったか・・朝起きてこれが夢だったらな・・とか、考える。今までにはなかったこと。4年で3度目のこの状況がよっぽど堪えているらしい。


つべこべ考えずに、まずは柵を張るのだ。


最新記事

すべて表示

大豆の播種直前耕うんを開始

朝から大豆の播種直前耕うんを開始。今までで圧倒的に一番早い。 田植えと大豆播種の順番をひっくり返したため、この時期になっている。昨年もそのつもりだったが、5月に雨が多くて結局播種は田植え後になってしまった。今年は天気予報を見る限り、どうやら行けそうだ。 このまま播種までできれば、1回目の除草が6月上旬になるため、上手くやれる可能性がかなり高まる。しかし,ながら、もし天気の都合などでできなかったら、

今年から大豆は少しゆっくり進められるようになったはものの

明後日に予定している一発目の大豆の検査を前に、何だかんだと忙しくしていたところ、先ほど電話がかかってきて、検査員さんがインフルにかかったため検査ができるかが微妙とのこと。その場合は年明け2週目になって、卸先への納品が怪しくなる。まじか~、そうよな~、こういうことがあるわな~と。 昨年からすぐ隣のJA倉庫で検査が受けれることになっているので、今年はあらかじめそのつもりでいて、今までの納品のタイトさか

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page