• 反田孝之

一部を除いて大豆は継続してみる

(8月12日 11時12分 洪水直前)


(同じ圃場の今)


割り切って田津の大豆作業。電気柵の復旧及び草刈り。


すっかり枯れてしまったところ。枯れてはいないが収穫がまず無理なところ。それなりに莢をつけ始めて収穫もできそうな株。その隣で莢が一つもついていない株。様々な状態が入り混じっている。


収穫できても量がかなり少ないし、おそらく青垂れ株が多く、汚れによる規格外は免れない。となると数量払い(補助金の一つ)もつかない。果たしてこんなに頑張って甲斐があるのか、いっそのこと漉き込めば楽になるのではないか・・と思いながらで作業をするには今日の午前は暑すぎた。


もし洪水が来ていなければどうなったか・・朝起きてこれが夢だったらな・・とか、考える。今までにはなかったこと。4年で3度目のこの状況がよっぽど堪えているらしい。


つべこべ考えずに、まずは柵を張るのだ。


最新記事

すべて表示

ついに恐れていた雨がちの11月となった

3日前から、降り過ぎ。自宅の庭に鍋を置いて観察していて、毎日70ミリ以上は溜まっている。この雨は明日まで続くというからかなり焦る。 焦るのは準備中のゴボウ畑だ。これだけ水を吸った畑はすぐには入れない。いや2~3日で入れることは入れるが、作物の生育に面白くないレベルでは入りたくない。となるとこの涼しい11月に理想の状態がやって来るかどうか。そのうちには来るかも知れぬが、それでは播種が集中して後々苦労

大豆が刈れずにいる

大豆を刈り始める予定だった日から1週間が経った。実はまだ刈っていない。今日はさすがに刈れそうだと家を出たものの、これを書く昼飯時、まだ始められずにいる。天気がいまいちで下草が乾かない、というか、べちょべちょなのだ。この圃場は草が少ないのではあるが、抑草剤を使う栽培のようにはいかず、部分的に、特に外周にはそれなりにある。待てるんなら待った方がいいレベル。 大豆が弾けているのはまだ一部だし、翌日以降に