• 反田孝之

不自然の行きつく先

水ぼうそうが増えているという先日の新聞記事。ブースター効果という言葉も初めて知った。こんなに早く出てくるんだな。これからもっといろいろ起こるぞ。


マスクとか消毒とか、不自然へ不自然へと堰を切って流れていくこの人間社会。もはやもっともっと酷い目に遭うしか気づく方法はないのだろう。いやそれでもダメかもしれない。このコロナ禍で富が集中している勢力に巧み操られていくだろうから。このことを思うとすでに絶望の境地。


せめて我が子を守りたい。しかし私の寿命は(常識的に)限られている。子だけでなく、孫、ひ孫までの幸福に関わるためには、社会を無視するわけには行かない。だから絶望したくなる。


でも奴隷だけにはならない。自由は放棄しない。だから絶望はしない。

最新記事

すべて表示

もしかしてバカなのか

最近よく見かけるフレーズだ。個人的には流行語大賞の一押し。新コロ対応について主に政治家や御用医学者ら権力側にいる人たちに対して使われる言葉だ。過剰対応を揶揄している。 つまりこれまでの過剰対応はもちろん、このたびの東京の緊急事態宣言とか、泣きたくなるくらいに意味不明の対応に対し、しかし彼らはバカではないのだろうから、実は飲食業界を始めとする業種の再編とか、中国共産党が株主の某大手新聞社に代表される

情報は変わらないし、人は変わる

私のネタの選び方のせいか、ここで書いたことがうちのすべて(ほとんど)と思っている人がいそうだということは、これまでに感じてきたこと。 んなわけがないではないか。こんなところで書くことなんて、うちのごくごく一部のこと。しかも私も日々進歩している(笑)ので、考え方だって手法だってどんどん変わる。アーカイブ見て今の私がそのままと思われても困る。ちょっと前に私が書いたJASネタについて電話をかけてきた人は

「〇〇バカになりたくない」

「○○バカになりたくない」と言う人をときどき見る。つまりは私の様に、農業でそれなりに結果を出し評価されている一方で、そのことに忙殺されて他のことはからっきしダメ、という人間にはなりたくないという意味らしい。 人それぞれなんだから、そう思う人がいても一向に構わないけれど、この言葉に振り回されている、つまり何もできないことの言い訳に使っている人が少なからずいそうなことを常々残念に思っている。 私の仕事