top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

不陸ができる圃場、できない圃場

今週は、大豆後の水稲予定圃2.2haの代掻きをボチボチ進めていた。大豆と稲のブロックローテーションを始めてからは恒例の早期代掻き~湛水。昨日終了。


(転作後の代掻きは泡の発生が凄い。)



ここは稲が7年ぶり。当時の不陸直しで呆れた記憶は生々しく、それから6年も空いていたのではきっとまた不陸ができたに違いない、と諦めて始めたところ、あれまあ、ほぼ均平でないの。感覚的には有効率99%で高低差3㎝以内。


ずいぶん前に下ノ原地区でやっていた時は、高いところは何度削っても大豆後には高くなるという不思議な経験があったし、振り返ったところの道を挟んだ隣りの圃場、自然栽培圃場2.3haは今だに進行形だから。



毎年少しずつテコ入れしているというのに、相変わらず不陸に悩まされている。マントル対流が起こっているとしか考えられない(笑)。地面の中とは実に不思議だ。


もっとも圃場整備後数年はそういうことが起こる。しかしもう12年が経過した。そろそろ収まってもらいたい。

最新記事

すべて表示

理想の苗を求めて

自然栽培を始めて以来、栽培技術で試行錯誤を繰り返してきて、多くのことは、「とりあえずは」こうやればいい、というレベルまでにはなった気がしている。しかし、どうすればいいのかさっぱりわからない、ということもまだまだ多く、その一つが肥料を一切使わない稲の育苗である。 田植え機で植えられる程度に育てるという最低レベルはクリアした。しかし理想の苗にはまだまだ遠いと言わざる得ない。一部で時々ほれぼれするような

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page