• 反田孝之

久々に贅沢なランチ

ついさっき、以前から行ってみたかった、うちのゴボウを使ってくれているイタリアンレストランへ行って夫婦でランチした。子供らがいないというのがあまりに新鮮。というか感激の境地(笑)。窓から差し込む柔らかい陽光と、久しぶりの穏やかな青空を見ながら、労働意欲をすっかりなくしたことだ。これからトンネルに潜るとかあり得んわ~って。


料理が最高だなどと、私ごときが安っぽい感想を言ったって仕方がない。それよりも最高の料理をいただきながら、店主夫妻のいくらか波乱に満ちた人生を思い、2つほど良い気づきがあったことに大変満足。実にいい時間を過ごさせてもらった。


帰りの車で、ここの店主はある意味私と同じにおいがするなと、それを言ったら彼はどう思うだろうか、という話に女房となってかなり笑った。それも手に取るようにわかる気がするところが、また近さを感じるところだ。


こんなとりとめのないことを書いていたらやる気が出てきた。一応目論見どおり。単純なのはいいことだ。草取り、行くぞ。


最新記事

すべて表示

来た来た

大豆の乾燥依頼が。こんな状況で受けることができるのか~って、理屈上は可能なのだ。だからこういうの得意だって言ったろ。 あとは体調だ。倒れるとみんなに迷惑がかかる。夜の晩酌は熱燗でないとダメだ。

サラシ包帯32日目

お盆前後で山に登り過ぎて左膝を痛めたことは以前書いた。そして9月7日からサラシ包帯を巻いている。私がときどき「片足」と書いてきたのは、そのせいでビッコ引きながらでないと歩けないから。 このたびの負傷は、いつどのタイミングでやったのかがはっきりしない。後山、氷ノ山では何とも感じなかった。帰ってきて仕事をしていて何となく痛いなあと。それでも大したことがないので大山に行った。大山ではさすがに下りで痛みを