• 反田孝之

久々に55℃

まさかこんなに暑い日になるとは思っていなかった。


のんきに田んぼの畔の修復をしていて、ゴボウトンネルの温度がどうにも不安。正午ごろ畑に移動し、温度計を突っ込むと40℃。空を見ると薄雲があることはある。今日はこれから雲が増えてくる予報。これはセーフか・・。



念のため、しばらく様子を見ていたら逆に雲がすっかり切れてしまった。これは明らかにアウト。と急いで小口を開けて回るうちに55℃まで上がり、開けてからは40度まで下がった。放っておいたらどこまで上がったのか。


下がったからいいというものでもなく、開けた初日がこんなに暑いと湿度のバランスが崩れてかえって葉がチリチリになる。開けなくてもチリチリ、開けてもチリチリ。やっちゃったよ。


昼飯食う暇もなく、汗だく、ヘトヘト。近年こういうのやると一気に体が消耗するから気を付けているつもりなんだけど、読みが甘かった。最近どうも勘が鈍っていていかん。しっかりせえよ。


最新記事

すべて表示

ごぼうの出荷を本格的に始めてから実質16年目になる。この間、新規就農者の身では当然のことながら出荷先にゴボウの品質の点でご迷惑をかけてきた。 一番多いのが、腐れ。店舗に並んで程なく、またひどい時にはゴボウが到着して箱を開けたときすでにゴボウが腐ってしまっているのである。 その都度状況を聞き、写真を送ってもらい、対策をとってきた。そして状況や原因には何パターンかあることが分かってきた。今年は少し多く