• 反田孝之

久々に55℃

まさかこんなに暑い日になるとは思っていなかった。


のんきに田んぼの畔の修復をしていて、ゴボウトンネルの温度がどうにも不安。正午ごろ畑に移動し、温度計を突っ込むと40℃。空を見ると薄雲があることはある。今日はこれから雲が増えてくる予報。これはセーフか・・。



念のため、しばらく様子を見ていたら逆に雲がすっかり切れてしまった。これは明らかにアウト。と急いで小口を開けて回るうちに55℃まで上がり、開けてからは40度まで下がった。放っておいたらどこまで上がったのか。


下がったからいいというものでもなく、開けた初日がこんなに暑いと湿度のバランスが崩れてかえって葉がチリチリになる。開けなくてもチリチリ、開けてもチリチリ。やっちゃったよ。


昼飯食う暇もなく、汗だく、ヘトヘト。近年こういうのやると一気に体が消耗するから気を付けているつもりなんだけど、読みが甘かった。最近どうも勘が鈍っていていかん。しっかりせえよ。


最新記事

すべて表示

ついに恐れていた雨がちの11月となった

3日前から、降り過ぎ。自宅の庭に鍋を置いて観察していて、毎日70ミリ以上は溜まっている。この雨は明日まで続くというからかなり焦る。 焦るのは準備中のゴボウ畑だ。これだけ水を吸った畑はすぐには入れない。いや2~3日で入れることは入れるが、作物の生育に面白くないレベルでは入りたくない。となるとこの涼しい11月に理想の状態がやって来るかどうか。そのうちには来るかも知れぬが、それでは播種が集中して後々苦労