• 反田孝之

九州本島最高峰の旅

ひたすら地味な日々だから、長男と先日行った「中岳」(大分県最高峰および九州本島最高峰)の山行写真を気晴らしに紹介。



ふもとのキャンプ場。



アプローチの道。31年前(20歳)に、一人で辿った。



「阿蘇山」を目の前に望む。

「久住分かれ」から見上げる、名峰「久住山」

「久住山」山頂。

「久住山」から見る「中岳」(中央)。その後ろが「大船山」。左の彼方に「由布岳」。



「久住山」から「中岳」へ向かう。昨年10月に長男と登った宮崎県最高峰の「祖母山」(右側の最高地点)を眺めながら。



ノリウツギの花に覆われた「東千里浜」を横断。



23年ぶりの再訪となる、九州本島最高峰「中岳」(1791m)。ちなみに九州最高峰は屋久島の宮之浦岳(1936m)。

「中岳」から見る名所「坊がつる」(湿原)と「大船山」。左彼方に「由布岳」。



同じく「稲星山」方面。その向こうに「祖母山」。



同じく「久住山」と「御池」。右に伸びる「天狗ヶ城」へたどる道を越えて「久住分かれ」から下山する。


下る道中の「西千里浜」。女房や下の子らも連れて、数年後にきっとまた来る。


最新記事

すべて表示

日常が始まった

ゴボウと水稲で、タイミングごと続きで何とも忙しい。土日も何もないもんだ。へこたれる。 でも今日が小学・中学初日の息子たちにとっては、そんなことはまったく関係がない。下の子は神妙にスクールバスに乗り込み、上の子はスクールバスから路線バスのバス停に変わって退屈そうにジッと待っていた。 おとっつぁんも頑張るから、お前らも頑張れよ。