top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

九州本島最高峰の旅

ひたすら地味な日々だから、長男と先日行った「中岳」(大分県最高峰および九州本島最高峰)の山行写真を気晴らしに紹介。



ふもとのキャンプ場。



アプローチの道。31年前(20歳)に、一人で辿った。



「阿蘇山」を目の前に望む。

「久住分かれ」から見上げる、名峰「久住山」


「久住山」山頂。


「久住山」から見る「中岳」(中央)。その後ろが「大船山」。左の彼方に「由布岳」。



「久住山」から「中岳」へ向かう。昨年10月に長男と登った宮崎県最高峰の「祖母山」(右側の最高地点)を眺めながら。



ノリウツギの花に覆われた「東千里浜」を横断。



23年ぶりの再訪となる、九州本島最高峰「中岳」(1791m)。ちなみに九州最高峰は屋久島の宮之浦岳(1936m)。


「中岳」から見る名所「坊がつる」(湿原)と「大船山」。左彼方に「由布岳」。



同じく「稲星山」方面。その向こうに「祖母山」。



同じく「久住山」と「御池」。右に伸びる「天狗ヶ城」へたどる道を越えて「久住分かれ」から下山する。


下る道中の「西千里浜」。女房や下の子らも連れて、数年後にきっとまた来る。


最新記事

すべて表示

最後の登園日

今日は末娘の最後の登園日。最後は「お父さんと行く」というので朝、送った。 卒園式は昨日終わっているのだけれど、保育園というのは普通は式の後も、登園の可能な3月末までは子供を通わせざるを得ないものだ。しかし我が子、今日だけは年下の友達とお別れするために登園するが、明日からはもう行かないと言い張る。それで今日が最後だというわけ。 長男から数えると、保育園には途切れることなく連続14年間お世話になったこ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page