• 反田孝之

事実を見続けるしんどさとコロナ

うちのような栽培では、「事実」を拾い上げるということで日々が成り立っているといってもいい。田も畑も草も作物も土も、すべてが生き物であり、明日がどうなるか、ということが今日のうちに確実には分からない。だからいつもああだろう、こうだろう、と予測を立てておいて、その時がどうなのかという勝負。


そして大事なのが観察。事実を見つけるためには観察が欠かせず、そしてみつけた事実を論理的に組み立てる力がいる。これらの一連の力の有無が経営を左右するといっても決して言い過ぎではない。


そして往々にして、観察眼やその組み立てがズバリ決まるときは当然気分も良く、人生さえも楽しい。しかしそうでないときはかなり凹む。だから日ごろから当たり前になっている「事実を拾い続ける」という生き方が、時にしんどいときがある。観念で漠然と生きているというのはある意味楽なものだとも。


このたびのコロナ騒動は、事実を見ればすでにコロナ自体は収束していると言えるにも関わらず、不思議と騒動が終息しないのも、この事実を見るというしんどさがベースにないかと、ふと思った。事実とはその場その場で異なるもので、基本は自分で探すものである。しかしそれは面倒。事実でなくて理論でいいから、合ってても間違っててもいいから、他人の言うことに従っている方が楽なもの。そして事実をさておき、自分の不遇や不満を嘆きつつ密かに満足する。極端になれば悲劇のヒーロー。わかる、この気持ち。俺にだってあるもん。


今ちょっと疲れている。誰か、俺の代わりに日々の事実を見て、どうすればいいかを教えておくれ。

最新記事

すべて表示

なぜ自然栽培をやるのかと聞かれればこう答える。 「自然界の事実が知りたいから」 人間の体はもちろん、精神も含めた自然界。その事実が知りたい。そして実際に、これまで自然栽培を続けてきたことで知り得たことがたくさんあった。それは世間の教科書のどこにも書いていないことばかりであった。 ただただ、そういうことが知りたい。人間が頭で考えたイメージには興味がわかない。 「無農薬無化学肥料」とか「オーガニック」

農業をやっていたり、やっていなくても田舎に住んでいれば、草刈りなどの共同作業がつきものだ。今日は朝から今田地区のイノシシよけの柵周りの草刈りを。 滅多にやらない箇所だけに、竹が生え、ツルが巻き、どこをどのように手を付けていいかわからない状態。そんなのが総延長500mでそれを4人でやろうというのだから、みんな集まったはものの及び腰。しかしブツブツ言いながらもやりだすと案外やってしまうもので、みっちり

マスク、いつまでやる気なのか。私はよっぽどのことがない限りはやらないからまだいいんだけど、この流れは自殺者増につながっていくし、子供らも不憫。 保育園に通う娘が、「マスクが嫌だけどしてないと先生に怒られる」というので、女房が園に掛け合う。結論としては​、園としてはマスクの必要はないと考えているが、コロナが発生した時にマスクをさせていたかどうかが問題視されるので四の五の言わずに協力してほしい、とのこ