• 反田孝之

事実を見続けるしんどさとコロナ

うちのような栽培では、「事実」を拾い上げるということで日々が成り立っているといってもいい。田も畑も草も作物も土も、すべてが生き物であり、明日がどうなるか、ということが今日のうちに確実には分からない。だからいつもああだろう、こうだろう、と予測を立てておいて、その時がどうなのかという勝負。


そして大事なのが観察。事実を見つけるためには観察が欠かせず、そしてみつけた事実を論理的に組み立てる力がいる。これらの一連の力の有無が経営を左右するといっても決して言い過ぎではない。


そして往々にして、観察眼やその組み立てがズバリ決まるときは当然気分も良く、人生さえも楽しい。しかしそうでないときはかなり凹む。だから日ごろから当たり前になっている「事実を拾い続ける」という生き方が、時にしんどいときがある。観念で漠然と生きているというのはある意味楽なものだとも。


このたびのコロナ騒動は、事実を見ればすでにコロナ自体は収束していると言えるにも関わらず、不思議と騒動が終息しないのも、この事実を見るというしんどさがベースにないかと、ふと思った。事実とはその場その場で異なるもので、基本は自分で探すものである。しかしそれは面倒。事実でなくて理論でいいから、合ってても間違っててもいいから、他人の言うことに従っている方が楽なもの。そして事実をさておき、自分の不遇や不満を嘆きつつ密かに満足する。極端になれば悲劇のヒーロー。わかる、この気持ち。俺にだってあるもん。


今ちょっと疲れている。誰か、俺の代わりに日々の事実を見て、どうすればいいかを教えておくれ。

最新記事

すべて表示

将棋棋士の佐藤天彦 元名人がノーマスクで反則負けになったという事件。将棋連盟というところは昔から何か世間とはかけ離れた不思議な判断軸が幅を利かせている気がしていたが、このたびのこれ。警告もなしで一発レッド、って問題も当然あるけど、そもそも将棋を指しながらマスクをしなければならない理由がちっともわからない。 ​この不思議な​規​​定​ができたの​は、マスクをしていない人と長時間向き合うことを嫌がる人

掛け値なしの​日本晴れの空の下、小学5年生の体験畑の大豆収穫を終えた。刈って、学校に持ち帰って、干すところまで。子供に限らずやっぱり人間って収穫が楽しいんだな、とつくづく。 話変わって、これ。 実際に娘の名前あてで来ると少しドキドキする。何のために打たなければならないのかって、誰かまじめに説明できるは人いるのだろうか。商売医療にどっぷり漬かっている医者は都合のいい適当なことばかり言っているし。だい

子供の体力低下、少子化。これらは最近のニュース。そして周囲を見回すと、「子供には口枷(マスク)に慣れさせたい」とあっけらかんと言ってのける教育関係者がきちんと育っていて、外せと言っても口枷を外さない子供若者が当たり前になった。 実に順調だ。しかし緩めることなく徹底的に叩き潰さねばならない。なんたって、イチローでびっくりしたのに今の大谷だ。先の戦争の後、半世紀以上が経つというのにまだこんな奴らがいる