• 反田孝之

事実を見続けるしんどさとコロナ

うちのような栽培では、「事実」を拾い上げるということで日々が成り立っているといってもいい。田も畑も草も作物も土も、すべてが生き物であり、明日がどうなるか、ということが今日のうちに確実には分からない。だからいつもああだろう、こうだろう、と予測を立てておいて、その時がどうなのかという勝負。


そして大事なのが観察。事実を見つけるためには観察が欠かせず、そしてみつけた事実を論理的に組み立てる力がいる。これらの一連の力の有無が経営を左右するといっても決して言い過ぎではない。


そして往々にして、観察眼やその組み立てがズバリ決まるときは当然気分も良く、人生さえも楽しい。しかしそうでないときはかなり凹む。だから日ごろから当たり前になっている「事実を拾い続ける」という生き方が、時にしんどいときがある。観念で漠然と生きているというのはある意味楽なものだとも。


このたびのコロナ騒動は、事実を見ればすでにコロナ自体は収束していると言えるにも関わらず、不思議と騒動が終息しないのも、この事実を見るというしんどさがベースにないかと、ふと思った。事実とはその場その場で異なるもので、基本は自分で探すものである。しかしそれは面倒。事実でなくて理論でいいから、合ってても間違っててもいいから、他人の言うことに従っている方が楽なもの。そして事実をさておき、自分の不遇や不満を嘆きつつ密かに満足する。極端になれば悲劇のヒーロー。わかる、この気持ち。俺にだってあるもん。


今ちょっと疲れている。誰か、俺の代わりに日々の事実を見て、どうすればいいかを教えておくれ。

最新記事

すべて表示

コロナ騒ぎで、何が本当なのかがわからない人へ

この繁忙期を何とか進めていはいるけれど、実は最近この国の「亡国的所作」に絶望するあまりに軽い鬱状態になってしまっている。体に力が入らないのにはその影響も間違いなくある。そんなところにこのたびの「外国人入国禁止」のニュース。そして首相の「批判はすべて自分が負う」発言。負うって、具体的にはどうするんよ。ただでさえ不幸な人が増えているというのに、まだまだ続けるらしい。負うくらいで済むもんか。3人の子の親

コロナ対策をすると客は減るんじゃないのかな

新聞に、新型コロナ対策をしている県内飲食店の一覧が乗っててびっくり。凄いね~、まだやるのか~って。 飲食店も大変だ。こういう対策をすることで客の入りは増えるのか減るのかの判断は難しいだろう。行政側も実は苦悩なんじゃないかな。応援のつもりで始めたはものの、状況が変わってきて、あれれ、みたいな。 私のようにこういう対策をしているお店には行きたくない、という人は多いはず。せめて流行っている時なら百歩譲れ

バカにされる日本人

マスク、いい加減に鬱陶しい。欧米見てみろよ。誰もしちゃあいねえだろ。ああ、俺はやらんよ。でもこの1年半で、トータル4時間くらいはせざる得なかった。この大半が学校の授業。しかしね、みなさん一生やる気だろうか。だから日本はバカにされるのよな。ま、テレビと新聞を信じる国だ、日本は。しょうがないか。 あさっては総選挙。マスクやワクチンが気に入らないからというわけではなく前から思っていること。将来的にアメリ