• 反田孝之

井戸水周辺の故障

機械設備の老朽化の波は意外なところにも。


ちょっと前に、事務所の水が出なくなった。調べてもらうと井戸水の給水システムの基盤の故障。何だかんだと悪くなっているので全部取り換えて〇十万!という作業機が一つ平気で買えそうな金額が示された。水道に切り替える気はないので仕方なく交換。


しばらくは良かったが、先週くらいからどこか漏電しているようで調子が悪い。昨日見てもらったところ、原因不明とのこと・・。マジか。強いて言うなら結露かなあ、と。できれば湿気対策をしてもう少し様子を見ましょうと。


確かに私の不精でポンプ周りはジメジメ状態になっている。でもこれまで問題なかったんだし、新品なんだからそう言われてもねえ、とも思わないわけではない。でも基盤の故障はもう少し乾燥した環境下なら起こらなかっただろうと言われていたし、どのみちそろそろ手を入れんとならんと思っていたので、クソ忙しい中だが、本日実行。



老体にムチ打ち、チェンソーまで持ち出して頑張って、クワ、サクラ、エノキ、アカメガシワの木を伐採。格段に風通しが良くなった! ついでに冷蔵庫の室外機周りも。



ビフォ―を撮っていなかったのが残念。これで様子を見る。


木は小さいうちに切るべし。教訓なんだけどね。大きくなってから気が付くからね。


最新記事

すべて表示

梅雨明け後の繁忙

梅雨が明けても今一つ雨が切れずに乾かなかった畑が、一斉に乾き始めた。大豆関連の作業でもうテンテコマイ。当然土日も何もない。前に書いたようにゴボウも掘りながらで半日が潰れるので余計にそうなる。 よりによってもうすぐ魔の連休。オリンピックなんていう理由で勝手に休日を増やすなよな。なんの関係があるってんだ。

そうか、ゴボウをやめるのか

かなり衝撃だ。 ゴボウ栽培はいつか止めざるを得ないだろうということを、1年前の今頃書いた。 それは洪水の頻度が上がるためという理由だった。だから可能性は低いが、頻度が上がらなければ栽培は継続できる。そこに一るの望みを残したくはなる。 しかし残念ながらそうはならないらしい。昨日田津地区の人から近況を聞いたところ、どうやら田津には堤防ができるのだという。今当地では国レベルでかなり本気で洪水対策が練られ

美味しいものを作ろうとは思わない

経営を行う以上、今は掲載はしていないが、うちにも経営理念というものはある。 その一つに「美味しい農産物をつくる気がない」ということがある。かつて美味しいお米や野菜を作ろうと考えるあまりに迷走してしまった経験があるからだ。 自然栽培に出会い、実践する中で、多くの考え方や価値観というものが変わってしまったけれど、美味しい農産物を敢えて狙わないということも大きな転換であった。 ​ 美味しいという感覚はあ