top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

井戸水周辺の故障

機械設備の老朽化の波は意外なところにも。


ちょっと前に、事務所の水が出なくなった。調べてもらうと井戸水の給水システムの基盤の故障。何だかんだと悪くなっているので全部取り換えて〇十万!という作業機が一つ平気で買えそうな金額が示された。水道に切り替える気はないので仕方なく交換。


しばらくは良かったが、先週くらいからどこか漏電しているようで調子が悪い。昨日見てもらったところ、原因不明とのこと・・。マジか。強いて言うなら結露かなあ、と。できれば湿気対策をしてもう少し様子を見ましょうと。


確かに私の不精でポンプ周りはジメジメ状態になっている。でもこれまで問題なかったんだし、新品なんだからそう言われてもねえ、とも思わないわけではない。でも基盤の故障はもう少し乾燥した環境下なら起こらなかっただろうと言われていたし、どのみちそろそろ手を入れんとならんと思っていたので、クソ忙しい中だが、本日実行。



老体にムチ打ち、チェンソーまで持ち出して頑張って、クワ、サクラ、エノキ、アカメガシワの木を伐採。格段に風通しが良くなった! ついでに冷蔵庫の室外機周りも。



ビフォ―を撮っていなかったのが残念。これで様子を見る。


木は小さいうちに切るべし。教訓なんだけどね。大きくなってから気が付くからね。



最新記事

すべて表示

妥協に誇りを持つ

昨日は久しぶりにトラクターでの耕うん作業をした。キャビン付きトラクターによる快適作業は、久しぶりであればちょっとしたストレス発散にもなってちょうどよい。この時期の耕うんは珍しい。一部の畑(0.55ha)を他人に譲ることにしたので、その片付けとしてやったものだ。 しかし今年はあちこちの耕うん作業を、昨秋の10月騒動のために、条件が整い次第、つまり田畑が乾き次第、早めに始めなければならない。そしてまと

冬に頑張るということ

ここにきて、忙しい。 山陰の冬は天気が悪いのでなかなか外仕事がはかどらない。逆に言えば、珍しく晴れた日などはたちまち作業集中だ。もちろん一つずつしか進められないので、せめて昼休みを削ってやろうかということになって、これを書く暇がないのである。 今時の作業の「本線」は2巡目草取りマラソンで、「メイン」は機械の掃除やメンテナンスや調整。一部で畑の耕うんも始めたところ。本線もあるしメインもある。なんとも

bottom of page