top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

人生の本懐

数年前から、顔ぶれの中で私が最年長という場面が増えた。いつまでも若いと思っていたのに、今ではすっかり年齢を意識するようになっている。

最近で一番象徴的だったのが1年前の小学校の校長室。校長先生と江津市長と市のやり手担当者と私の4人。こんな場面でも私が最年長。歳を取ったわけだ。でもみんながおじさんに見える(笑)。


この時は11月繁忙期の真っさ中で体調不良を押して駆けつけ、皆の期待を背負ってわずか10分という時間に賭けたつもり。もしも成就すれば、私の人生の中で痛快な渾身の成果と言えるだろう。


今や社会をあるベクトルにリードするのは30~40代。私はと言えば後方支援とまでの力はないのでので、せめて側面か裏面から時々支える立場。いいね、こういうの。自分好み。そのために、振り返って、今までと今の、ろくでもない日々がある。今日はそんなことを思い出させてくれる1日だった。

最新記事

すべて表示

別に。ただ合わないってことよ。

これまでに何度か書いてきたが、私は自分からは嫌いな人がいない一方で、「何となく」という理由でかなり人に嫌われるクチだ。そういう場合は、とりわけ相手が権威主義的であるような場合は、誰に嫌われようがほとんど気にならない。どころかその人をおちょくりたくなってしまう。大の大人がみっともねえな~って。 でもね、私を嫌っている原因が何となく推測できる場合で、かつそれがきっと誤解だとか、私には悪気がまったくなか

次男と一緒に風呂に入るのが楽しい

次男のリクエストで一緒に風呂に入ることが多い。風呂とは面白いもので、長男の時もそうだったが、普段話さないような、そして本音をよく含んだ会話になる。次男の場合、私の体験談というのが多くなる。私にとっては過去を思い出せてくれるいい時間になっている。 中でも彼は、私の「自慢話」や「苦労話」「成功話」「失敗話」的なものを面白がる。これは彼の成長を願う私としてはとても嬉しいことだ。こういう話を毛嫌いする人が

bottom of page