• 反田孝之

今年から「多面」も

昨日から事務所に缶詰めで、田津の農地を守る仕組みの事務処理を。


長年受けてきた「中山間地域等直接支払交付金」に加え、今年から「多面的機能支払交付金」も受けることになった。ありがたいことだが、両者をミックスさせての運営初年だから何かと大変。もうややこしいったら、ない。


しかし1度回り出せば、時期からは楽になる。今回は産みの苦しみ。急ぎの作業が山積みの中を、そう思って耐えている。


しかしね、一番耐えるべきことってのは、洪水で、かつ築堤で、「未来のない地域の農地を守る」という、意味の分からんことへささげる自己犠牲なわけよ。最近両岸での築堤の計画説明を聞くたびに、うちの田津での営農、とりわけ「はんだ牛蒡」の未来が細っているという現実を実感し、もうこのことを考えとったらやっとられんわと。


でも、頑張る。俺は悟るんだよ。

最新記事

すべて表示

あろうことかこの繁忙期の本線をさておいて、昨日から田んぼや転作田の管理をしている。明日いっぱいの予定。あさって以降は春まで入れなくなるだろうという見込みのもと。この判断がどうなるか・・。 その管理というのはただの耕うん。ただの耕うんと言えど来年を思えば重要だ(と今のところ思う)。まず耕うんした方がいいのか、しない方がいいのか。するなら作業機は何を使うか。それをどういう風に使うか。深さとか、車速とか

昨日今日と小学校通い。昨日は市長列席でマスコミいる中で2~3分のスピーチ。今日は小5の体験授業。終わって結構ぐったり。しかしながら走り抜けた!という充実感もある。裏でのこそこそ話はいつかしたい。 「反田は11月は天皇陛下が来ても会えないと言っていたくせに、いろいろやっているじゃないか」という声はこれまでにも時々あった。そんな暇があるならこっちの用事にも付き合え、というニュアンスで。いやいや、「本来