top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

今年から「多面」も

昨日から事務所に缶詰めで、田津の農地を守る仕組みの事務処理を。


長年受けてきた「中山間地域等直接支払交付金」に加え、今年から「多面的機能支払交付金」も受けることになった。ありがたいことだが、両者をミックスさせての運営初年だから何かと大変。もうややこしいったら、ない。


しかし1度回り出せば、時期からは楽になる。今回は産みの苦しみ。急ぎの作業が山積みの中を、そう思って耐えている。


しかしね、一番耐えるべきことってのは、洪水で、かつ築堤で、「未来のない地域の農地を守る」という、意味の分からんことへささげる自己犠牲なわけよ。最近両岸での築堤の計画説明を聞くたびに、うちの田津での営農、とりわけ「はんだ牛蒡」の未来が細っているという現実を実感し、もうこのことを考えとったらやっとられんわと。


でも、頑張る。俺は悟るんだよ。

最新記事

すべて表示

感動の内覧会

凄い場に参加させていただいた。親しくさせていただいている㈱三維の新社屋の内覧会。たかが内覧会で感激というか感動というか元気を得られるということを、ほとんど想定していなかった。掛け値なく文字通りで忙しい中を、行って良かった。 SUKIMONO㈱の設計はいうまでもなく、周囲の敷地にも、注目されている環境土木の工法を取り入れ、素晴らしい空間を生み出しつつある。そしてこれらを一通り堪能した後に、社長のあの

祝・20周年

今月の初め頃にちょうど就農20年目になったというのに、今年はあちこちでそのことに触れてきたから、いざそれを迎えたときにはすっかり忘れてしまっていた。それで今ごろ書いている 。 さっき10年目の記事をアーカイブで見てみた。当時の課題や期待を手に取るように思い出した。この10年はどんな10年間だったかを一言で表すなら、兎にも角にも、最大の懸案だった機械更新が、生来の運の良さもあって上手くゆき、今後の経

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page