top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

今年から大豆は少しゆっくり進められるようになったはものの

明後日に予定している一発目の大豆の検査を前に、何だかんだと忙しくしていたところ、先ほど電話がかかってきて、検査員さんがインフルにかかったため検査ができるかが微妙とのこと。その場合は年明け2週目になって、卸先への納品が怪しくなる。まじか~、そうよな~、こういうことがあるわな~と。


昨年からすぐ隣のJA倉庫で検査が受けれることになっているので、今年はあらかじめそのつもりでいて、今までの納品のタイトさから解放されて少しゆっくり進めてきた。しかしあまりギリギリ段取りを組んでは怪しいということだ。少なくとも一車分はもっと早めに納品してそこで検査を受けた方が良い。来年はなるべくその線で組み立てたい。


しかし問題は、その時にそう思えるかどうか。その頃って疲れのピークだからね。実は今年だって少しは考えたんよ。でもつい先送り。だから来年の戒めのために今この時にこうやって悔やみをここに残しているわけ。


そうであるなら、このブログのアーカイブをちゃんと更新せんとならん。アーカイブでないとまず過去のやつ見んからね。更新が滞っているのは記事の転載がなぜかスムーズに出来なくなったから。経営上の課題等はもちろん別の場所に残してあるんだけど、ブログの過去記事って参考になって、ニュアンスから膨らんでそれなりに情報量が多いんよな。

最新記事

すべて表示

大豆の播種直前耕うんを開始

朝から大豆の播種直前耕うんを開始。今までで圧倒的に一番早い。 田植えと大豆播種の順番をひっくり返したため、この時期になっている。昨年もそのつもりだったが、5月に雨が多くて結局播種は田植え後になってしまった。今年は天気予報を見る限り、どうやら行けそうだ。 このまま播種までできれば、1回目の除草が6月上旬になるため、上手くやれる可能性がかなり高まる。しかし,ながら、もし天気の都合などでできなかったら、

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page