top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

今年は低温ヤロビは省略

昨日の芽出しは結局夕方までに終わらず、夜に出直すことになった。都合25時間。つまり想定通り。ビビって温度を下げたりしなければ予定通りに朝から芽止めができたということ。トホホ。まあ引き出しが増えたということ。子らのために記録ももちろん。


それで今日は播種作業。


芽出しの次の日に播種するのは私の人生で初めて。いつも低温ヤロビの工程を入れていたから。しかしヤロビは積極的に入れていたというより、日にち調整のついでにやっていたものだ。このたびはたまたま調整日がゼロだったということ。何が何でも穏やかな明々後日から苗箱を下したい。ヤロビをやらない影響はあるだろうか。


毎年この一連の作業のタイミング取りには、女房の手が必要なため四苦八苦している。子供らが大きくなれば土日に女房がフリーになれるのでもう少し自由度が高まってやりやすくなるだろう。


憧れるなあ。

最新記事

すべて表示

因果な仕事

小学校は1学期最後の日ということで、朝から元気な小4と特に小1の我が子。まあ賑やかなことで、相手をするのが大変だった。静かで落ち着いた朝にあこがれる。 もちろんそれが勘違いであることも知っている。いつかそうなるであろう、寂しい朝。静かではなく、寂しい朝。あんな日があったなと、しみじみ思い返す日がそのうち来ることだろう。 そんなことを思いながら、昨日イノシシが捕獲された現場へ。いた、ウリ坊が4匹。そ

区切り2題

今朝、今期のゴボウの収穫が終了!安ど感が半端でない。洪水よ、いくらでも来るがいい。ああでも種採り株がまたダメになるから、やっぱり来たらまずいわ。 そして今朝はもう一つ、昨日書いたように目論見通り凶悪犯が捕獲された。あちこちの畔を崩壊させていた母ちゃんと、その子供が一頭。檻の付近で茂みがガサガサしていたので、取り逃がした子供はやっぱりまだいるようだ。何頭いるかが問題。でもしばらくは畔の崩壊等の心配は

Comments


bottom of page