top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

今年も調整作業が始まった

昨日の昼前にようやくお米の調整ラインが組み終わった。山奥でやっていたころと違って、粉塵対策に時間がかかるのだ。調整場所=保管場所でトータルでいいのは間違いないが、この準備とシーズン終わりの片付けがセットで面倒になった。


(このたびは色選は組み入れない。早くて楽。)


当時と比べて、当然もみ殻の処理も面倒に。立地的にその場に山にしておくわけにはいかないので、その都度トラクターごと回送して田んぼに撒くか、フレコンバッグに詰め替えて再利用するかのどちらか。このたびは昨年と同様に籾殻暗渠へ流用するために後者を選ぶ。


(もみ殻回収装置「マクーラ」)


しかしこれがまた大変で、45袋ごとに籾摺りを中断しなければならない。そしてマクーラから作業場に排出し、それを角スコでフレコンバッグにチマチマ入れていく。いろいろ試したがこれが一番マシである。籾殻吸引機を買うのは踏ん切りがつかない。



ちなみに昨年困ったフレコンバッグの保管場所については、今年はたまたま稲刈り後圃場に暗渠を入れたいので、大豆が始まる前に施工してしまえば問題ない。問題はその暇があるかどうか。

かなりへばっているが、今日一杯かけて終わらせて乾燥機を空にしたい。そして明日から2日間稲刈りの流れ。いつも言うように、稲刈りの大変さは調整作業の大変さ。ライスセンターへ丸投げする人にとっては大した作業ではないのだ。

はよーすずしゅうならんかのー


最新記事

すべて表示

理想の苗を求めて

自然栽培を始めて以来、栽培技術で試行錯誤を繰り返してきて、多くのことは、「とりあえずは」こうやればいい、というレベルまでにはなった気がしている。しかし、どうすればいいのかさっぱりわからない、ということもまだまだ多く、その一つが肥料を一切使わない稲の育苗である。 田植え機で植えられる程度に育てるという最低レベルはクリアした。しかし理想の苗にはまだまだ遠いと言わざる得ない。一部で時々ほれぼれするような

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page