今時の慌ただしさ

最終更新: 10月1日

昨日から基本午前中はお米の調整作業、午後は畑の管理、という流れでやることにした。そして調整の合間を使って、週末のイベント2件の準備をしようかと。1件は小学校、もう1件はこれ。人前で話す機会をもらえるということは大変ありがたいことだ。


と考えていたのに、なかなかはかどらない。他にやるべきことが多すぎる。主にデスクワーク系。頭の中は大渋滞。


集中して端から順に、というのなら自信もあるが、数分おきに米選機がピッピとなる。その都度処理をしてくる。弁当も昼休憩もずっとこのペースで。こんな日に限って事務所の中が暑い。さすがに疲れたぞ。


ということで午後から畑へ行けずに、もうすぐ15時。これから日報の整理。急ぐ事情ができたのだと女房にさっき言われた。システム見直してもう少し簡潔化したいが、その見直しの時間がなかなか取れない。こりゃ今日は畑に行ってもすぐに終わりになりそう。


まあこちらも急いでいるお米の調整作業が進むんだから悪いことではないけどね。畑を早く何とかせんと落ち着かんのよ。いつもの追われ人生。


畑では何をやっているのか。例えばこれ。何をやっているかわかる?トラクターの前方をよーく見たら分かるかも。


最新記事

すべて表示

積載車のトラブルが多い

今日は大豆コンバインの整備をすべく、事務所へ回送するつもりだった。月曜日に来る小学生もあの戦車みたいな大きな機械に乗ったら喜ぶだろうし。 そのために気になっていた積載車のタイヤの空気圧を計ろうと馴染みのガソリンスタンドへ運び込んだところ、パンクをしてるとのこと。後輪はダブルなので気が付かなかった。 そしてその足で直してもらっている時にトラブルが発生した。ボルトの破損。急きょかかりつけの車屋に連絡を

「くたびれ」の正体はいた

「敵はくたびれ」をスローガンに農業経営を作ってきたことは何度か紹介している。そしてこの度の洪水で未来が見えなくなったことで、最近くたびれ始めているのではないかと睨んでいることを先月書いた。 しかし、くたびれの正体はまだあった。むしろこちらが本物。 少し前に、お世話になっている市の職員さんとあるイベントの打ち合わせをした。帰り際に席もすでに立って玄関までを歩く間の雑談で、行政の農業経営への支援につい