top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

余分な作業が増えている

ここに来て晴れが続いている。春も近づいてきているので、こうなると忙しくなる。


といってもここ数日は、普通はやる必要のない作業が多い。昨日は昨夏の洪水で農道の路肩に溜まった土の除去と、表土が流出して大穴が空いている箇所の復旧をセットで。今日はイノシシに壊された今田地区の畦畔の復旧を。ユンボによる復旧を強いられるほど壊されたのはこの度が初めてだ。畦畔バケットが欲しい。


さらに午後これからは、田津地区の家庭菜園のマルチ剥ぎを女房とする予定。これもマルチの上に洪水の泥が堆積して放置していたもの。こういうのってやるのが洪水後早ければ早いほど楽なんだけど進歩がないな。家庭菜園と言っても畝マルチの長さが80mもあるんだから、適期にやらんとよっぽど大変なんだけどね。あ~あ。


こういう「余分な」作業は近年増えている。イノシシの罠掛けもこれ。つい無視しがちだが、数字で拾うと経営的にバカにならないことがわかる。難儀なことだ。

最新記事

すべて表示

感動の内覧会

凄い場に参加させていただいた。親しくさせていただいている㈱三維の新社屋の内覧会。たかが内覧会で感激というか感動というか元気を得られるということを、ほとんど想定していなかった。掛け値なく文字通りで忙しい中を、行って良かった。 SUKIMONO㈱の設計はいうまでもなく、周囲の敷地にも、注目されている環境土木の工法を取り入れ、素晴らしい空間を生み出しつつある。そしてこれらを一通り堪能した後に、社長のあの

祝・20周年

今月の初め頃にちょうど就農20年目になったというのに、今年はあちこちでそのことに触れてきたから、いざそれを迎えたときにはすっかり忘れてしまっていた。それで今ごろ書いている 。 さっき10年目の記事をアーカイブで見てみた。当時の課題や期待を手に取るように思い出した。この10年はどんな10年間だったかを一言で表すなら、兎にも角にも、最大の懸案だった機械更新が、生来の運の良さもあって上手くゆき、今後の経

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page