top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

保育園最後の日を想いつつ

今年度最後の日。3年前の三江線廃止の日を思い出すような陽気と、どこもかしこもの花景色。


午前中トラックにトラクターを積んで走っていると、田んぼの中を末っ子の一団が散歩中。程なく今度は次男の一団を見かける。次男にとって今日は保育園最後の日。朝出がけに「最後の日もいっぱい遊んで来いよー」と声をかけておいた。ちょうど丸6年間通ったことになる。幼子にとっての6年間はさぞかし長い時間の流れだろう。当人の感慨はいかばかりか。そしてみんなが先生にくっつくようにしてする最後の散歩の気持ちはどんなものか。


などと考えていると涙が潤んできた。ほんと恥ずかしいくらい涙もろいのな。


​一方、次男に声をかけて出かけたその足で、檻に捕らわれたイノシシを殺しに行った。この1週間で6頭目だ。まだあと少なくとも3頭はいる。無心で黙々と獲るのみ。


黙々とイノシシを殺戮し、我が子を思って涙する。人間とはどうにも都合のいい生き物だ。そして、何といっても浅はか。


遠くに置いてあったバックホウを朝一番で取りに行った時の1枚。


あまりにすがすがしい。この後バックホウを回送しイノシシを埋めるのでなければ、また違った景色に見えたはず。

最新記事

すべて表示

5年ぶりゴボウ作付け圃場

草取りマラソン2巡目で苦戦している。外側列を1往復するのに6時間。もっとも内側列の株近くまで削っているから内側列往復は2時間でできそうとしても、合計8時間かかることになる。できればこれを半分の4時間でやりたいのだ。 今やっている圃場は5年ぶりの作付けになる。ここはうちの圃場の中でもかなり良くゴボウが育つので通常なら2~3年に1回作付けするランクなのだが、①土が固くてゴボウ収穫機が機能しないので土を

ともかくまずは種を繋ぐこと

先週末は当地有志による映画祭のイベント。私も一応は頭数のはずなのだが、いつものごとくまったく関与できず。皆さんには頭が下がる。 このたびのテーマは「種」。種というのは大変難しいテーマだ。私ら農家や家庭菜園家ですら無頓着な人が多いのに、種を蒔く機会のない人たちにとってはあまりに哲学的な素材である。さらにアメリカなどと違って、種の事情が目に見えて社会問題化していないという背景がある。 うちが小5を対象

オンラインミーティングで触れなかったこと

昨夜のオンラインミーティングで触れなかったことは当然まだたくさんあって、そのうち2つほどここに書いておきたい。 まず大豆の収量について、実は自家採種との関係で一つの傾向をつかんでいる。これはもう10年くらい前に、ある方からこのことを聞いて、毎年そのつもりで観察してみると確かに傾向がありそうなのである。 それが何か、ということがなかなか言い辛い。勘のいい人ならその訳がわかるか。しかし今はそれでいいと

bottom of page