top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

個人向け販売で気を付けること③

と、つらつらとうちの例を含めて書いてきたけれど、厳密に筋を通して立ち回ろうとすると実際にはかなり難しい。モラルにこだわるあまりホトホト面倒な目にもあう。お客さんのお叱りを招きかねないというのもその一つ。だから「なんだ、そんな理由で高くしてるのか!」などと思わないでもらいたい。また大所高所から見ると中抜きして消費者にメリットのある社会は正当だという意見もあるかもしれない。


生産者の側からも「ケチをつける気か!」と思う人がいるもしれない。繰り返すが法律上違反ではないし、「構うもんか」と公言して堂々とやっている人もいるのだ。


ただね、みんながみんなこういうやり方でお客さん増やそうとしたら、この世界はドロドロになるよ。それにうちは今の筋を通したやり方でたちまち経営が困っているわけではないからまあいいんだけど、販売に苦労している農家はたくさんいて、そういう人の中でもこういうマナーを守って頑張っている人がたくさんいるのだ。


私も販売に困っていた時期があるので気持ちがよくわかる。それでもこのマナーは守ってやってきたし、当然これからもこの方針でやっていく。


それで、これから農業を始めようとしてる人や、うっかりからやってしまっていた人向けに書いてみたところ。逆に「そんな手があるのか!」と悪用しないで欲しい。またうっかりやっていた人は、筋を通すためには今をどう改善すればいいのかを考えてみて欲しい、と切に願う。


私には、真の大所高所から見た理想像は、「生産、流通、消費」の三位一体で実現を目指さないとならないし、目先の理論で流通を意図的に排除しようと(しかも利用しながら)する取り組みでは絶対になしえないと思える。そんなことしらん、自分がよければいい、という人が圧倒的かもしれない。だからこそ心ある人にはよくよく考えてもらいたいのだ。

最新記事

すべて表示

区切り2題

今朝、今期のゴボウの収穫が終了!安ど感が半端でない。洪水よ、いくらでも来るがいい。ああでも種採り株がまたダメになるから、やっぱり来たらまずいわ。 そして今朝はもう一つ、昨日書いたように目論見通り凶悪犯が捕獲された。あちこちの畔を崩壊させていた母ちゃんと、その子供が一頭。檻の付近で茂みがガサガサしていたので、取り逃がした子供はやっぱりまだいるようだ。何頭いるかが問題。でもしばらくは畔の崩壊等の心配は

ほぼ満点で超繁忙期が終わった

一昨日書いていたのに、下書きに入ったままだった。2日前のつもりで読んで。 ーーーーーーー ゴボウのバックホウ収穫で痺れていた圃場を、雨に怯えながら終えた。そしてトラックをぶっ飛ばし移動。そして地元小学校5年の体験授業で大豆の2回目の土寄せを、雨に怯えながら終えた。ついでにゴボウ畑に取って返して、雨に怯えながら埋め戻しも無事に終えた。ぶっ続けの6時間。これをもって「超繁忙期」の終わりを宣言したい(笑

にわかにイノシシ対策に追われている

田んぼ事情についての紹介をまだ続けるつもりだったが、作業ピークがやってきて(笑)、それどころではなくなっている。奇跡的に晴が続きいていて、週明けからまた閉ざされそうな雰囲気なので、何でもかんでも始末をつけておきたい。 ゴボウの収穫は進行形。バックホウ収穫になったのでペースがちょうど半分に落ちている。あと7日はかかる勘定。雨に弱い今の圃場だけでも早くやり切りたい。みなさんの協力を得て土日も進める予定

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page