top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

催芽で苦戦

一昨日から種もみの催芽。呆れた。何と48時間もかかって、これだけでも経験がないというのに、なんとムラが多くて催芽率が7割程度という惨状。


作業も堪えた。日曜の朝一で開始。これまでの経験で月曜の夜までには終わると踏んだ。しかし終わらない。火曜(今日)の朝まで放っておくのは怖いので、寝袋をもって事務所へ。3時間おきに起きては様子を見たのに甲斐なく、結局朝までかかって9時に止めた。何だ、家で寝れたよ。おかげで寝不足。


種籾の予措というのは何年たっても奥が深くて難しい。しかも以前は悩んだ記憶がないし、記録上でも年々苦戦する傾向が明らかだ。自家採種の絡みがあるのかどうか。いろいろ調べつくした上に、到底書ききれないほどの自分なりの仮説があるにはある。しかし1年に1度の作業だ。検証するのに何年もかかる。


それでも今年は2回に分けてやることにしたので、もう1回実施できる。でも浸種中の今から変えれることは知れていて、先ず浸種時間からだ。あと温度も少し上げようか。これまでの人生でずっと25度でやってきた。

最新記事

すべて表示

理想の苗を求めて

自然栽培を始めて以来、栽培技術で試行錯誤を繰り返してきて、多くのことは、「とりあえずは」こうやればいい、というレベルまでにはなった気がしている。しかし、どうすればいいのかさっぱりわからない、ということもまだまだ多く、その一つが肥料を一切使わない稲の育苗である。 田植え機で植えられる程度に育てるという最低レベルはクリアした。しかし理想の苗にはまだまだ遠いと言わざる得ない。一部で時々ほれぼれするような

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page