top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

八方ふさがり

当地では、というより今田地区では、一昨日の夕方激しい雨に降られた。私は田津地区にいたから直接は知らないのだが、今田の転作田がずぼずぼになり、昨日今日のこの天気にあってまったく乾く気配がないことからすると、もうどんだけ降ったんだと。​田津だってそれなりに降った。でもここまでではない。


おかげで本線の大豆播種作業はまったく進まない。


じゃあと、毎年恒例の田んぼの「手遅れ練り込み除草」をやろうと昨日から落水を計った。が読みが浅かった。これを書く昼、まだ水が引かない。あとわずか2cmなんだが。でも1枚が50aの大区画化圃場、かつ減水深がほとんどない圃場にあっては、この最後の2㎝が鬼門。


ということで、水位がまあまあだった1枚を終えて中断。


大豆の除草もまだ早い。


ゴボウの収穫は明日からだ。


おお!他にやることは満載とはいえ、本線級が何一つできない!マジか!! しびれる、というか落ち着かない。何か無性に焦る。これは少し休めということか?・・いやきっとそうではない。支線をジッと進めていく。

最新記事

すべて表示

祝・20周年

今月の初め頃にちょうど就農20年目になったというのに、今年はあちこちでそのことに触れてきたから、いざそれを迎えたときにはすっかり忘れてしまっていた。それで今ごろ書いている 。 さっき10年目の記事をアーカイブで見てみた。当時の課題や期待を手に取るように思い出した。この10年はどんな10年間だったかを一言で表すなら、兎にも角にも、最大の懸案だった機械更新が、生来の運の良さもあって上手くゆき、今後の経

雨が多い

今年は田畑が乾かないなあとボヤくだけでは収まらず、すこし焦ってきている。降水量や降水日が例年より多いのだ。実際に調べるとそうなっているが、調べるまでもなく今年は感覚でも明らかだ。 おかげで10月騒動のため溜まりに溜まった作業に、まったく手が付けられずにいる。という状態であっても、昨年に引き続き「大豆播種」→「田植え」の順で決定したから、稲の準備が半月遅くなっていて、そのおかげで何とか今はまだ、一見

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page