• 反田孝之

八方ふさがり

当地では、というより今田地区では、一昨日の夕方激しい雨に降られた。私は田津地区にいたから直接は知らないのだが、今田の転作田がずぼずぼになり、昨日今日のこの天気にあってまったく乾く気配がないことからすると、もうどんだけ降ったんだと。​田津だってそれなりに降った。でもここまでではない。


おかげで本線の大豆播種作業はまったく進まない。


じゃあと、毎年恒例の田んぼの「手遅れ練り込み除草」をやろうと昨日から落水を計った。が読みが浅かった。これを書く昼、まだ水が引かない。あとわずか2cmなんだが。でも1枚が50aの大区画化圃場、かつ減水深がほとんどない圃場にあっては、この最後の2㎝が鬼門。


ということで、水位がまあまあだった1枚を終えて中断。


大豆の除草もまだ早い。


ゴボウの収穫は明日からだ。


おお!他にやることは満載とはいえ、本線級が何一つできない!マジか!! しびれる、というか落ち着かない。何か無性に焦る。これは少し休めということか?・・いやきっとそうではない。支線をジッと進めていく。

最新記事

すべて表示

あろうことかこの繁忙期の本線をさておいて、昨日から田んぼや転作田の管理をしている。明日いっぱいの予定。あさって以降は春まで入れなくなるだろうという見込みのもと。この判断がどうなるか・・。 その管理というのはただの耕うん。ただの耕うんと言えど来年を思えば重要だ(と今のところ思う)。まず耕うんした方がいいのか、しない方がいいのか。するなら作業機は何を使うか。それをどういう風に使うか。深さとか、車速とか