top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

冬に頑張るということ

ここにきて、忙しい。


山陰の冬は天気が悪いのでなかなか外仕事がはかどらない。逆に言えば、珍しく晴れた日などはたちまち作業集中だ。もちろん一つずつしか進められないので、せめて昼休みを削ってやろうかということになって、これを書く暇がないのである。


今時の作業の「本線」は2巡目草取りマラソンで、「メイン」は機械の掃除やメンテナンスや調整。一部で畑の耕うんも始めたところ。本線もあるしメインもある。なんとも贅沢なことだ(笑)。


このメインさんは差し迫って急ぐことではないが、4月に入ればまずは7月までノンストップなのだ、そこで1日でも多く休日を取ることが毎年の私の目標なのだ。だから今やっておかねばならないのだ。あなたにはどうでもいいことかもしれないし、誰に知ってもらいたいわけでもない。しかしまじめな話、いつも死を覚悟して年に2回の繁忙期を迎える私にとっては、命と寿命をかけた一大事なのである。


常時雇用を諦めたということは、もう大筋では私のゆとりは増えないということ。せめてジッと小さな改善の数々を積み重ねていって、1日2日の休日を生み出していく。

最新記事

すべて表示

感動の内覧会

凄い場に参加させていただいた。親しくさせていただいている㈱三維の新社屋の内覧会。たかが内覧会で感激というか感動というか元気を得られるということを、ほとんど想定していなかった。掛け値なく文字通りで忙しい中を、行って良かった。 SUKIMONO㈱の設計はいうまでもなく、周囲の敷地にも、注目されている環境土木の工法を取り入れ、素晴らしい空間を生み出しつつある。そしてこれらを一通り堪能した後に、社長のあの

祝・20周年

今月の初め頃にちょうど就農20年目になったというのに、今年はあちこちでそのことに触れてきたから、いざそれを迎えたときにはすっかり忘れてしまっていた。それで今ごろ書いている 。 さっき10年目の記事をアーカイブで見てみた。当時の課題や期待を手に取るように思い出した。この10年はどんな10年間だったかを一言で表すなら、兎にも角にも、最大の懸案だった機械更新が、生来の運の良さもあって上手くゆき、今後の経

תגובות


התגובות הושבתו לפוסט הזה.
bottom of page