top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

刈り遅れの稲刈り

稲刈り、なんとか前半戦の2.2haが昨日終了。もっとも乾燥中のロットがあるのでこれを籾摺りしたら正式な終了。


開始時がすでに刈り遅れだったから終わりはさらに顕著で、脱粒が凄い。運転席の私に向かって籾粒がピシッピシッと常時飛んでくる。顔は痛いし片道行けば服は籾だらけ、運転席周りも籾だらけだ。コシヒカリでもこうなるのか。こんなことは人生で初めて。


ということはヘッドロスはこの何倍以上もありそう。実際に刈り刃やチェーン周りには大量に溜まっているし、切り藁をどけて見ても地面にこぼれた籾はいつもより明らかに多い。しかしもっとも心配する胴割れがパッと見ではそれほど確認できないので、ロスによる収量減は自業自得として、とりあえずは安堵している。


続いて後半戦の自然栽培圃場2.3haに移る。今日からしばらく天気が不順みたいだから、この間に籾摺り等をきちんと片づけて、刈れる時にはサッと入れるようにしたい。

最新記事

すべて表示

理想の苗を求めて

自然栽培を始めて以来、栽培技術で試行錯誤を繰り返してきて、多くのことは、「とりあえずは」こうやればいい、というレベルまでにはなった気がしている。しかし、どうすればいいのかさっぱりわからない、ということもまだまだ多く、その一つが肥料を一切使わない稲の育苗である。 田植え機で植えられる程度に育てるという最低レベルはクリアした。しかし理想の苗にはまだまだ遠いと言わざる得ない。一部で時々ほれぼれするような

댓글


댓글 작성이 차단되었습니다.
bottom of page