top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

反則負け、後遺症、精神の都市化

将棋棋士の佐藤天彦 元名人がノーマスクで反則負けになったという事件。将棋連盟というところは昔から何か世間とはかけ離れた不思議な判断軸が幅を利かせている気がしていたが、このたびのこれ。警告もなしで一発レッド、って問題も当然あるけど、そもそも将棋を指しながらマスクをしなければならない理由がちっともわからない。

​この不思議な​規​​定​ができたの​は、マスクをしていない人と長時間向き合うことを嫌がる人がいるから、という理由​もあったとのこと。同じことがお店でもある。マスクをしていない客を嫌がる客がいるから、して欲しいと。俺なんかマスクをしている人と長時間向き合ったり、マスクをしている人が大勢いる​場所にいるってのが嫌だけどね。ウンコ並みの汚さのものをスーハ―スーハ―やられるんだよ。おんなじ空気吸いたいか?


​話をコロナに本ブリして、後遺症で悩む人が多いのだらしい。こういう人は、私が調べてみた限りでは全員が解熱剤を服用するかワクチンを打っている。もちろん両方の人が多い。なんという情けない話だ。統一教会どころじゃないんだが。なぜ苦しい方、苦しい方へみんな向かう。洗脳から目を覚ませ。 現代人は、人間が作った「人工」​物​に​よって​​ダメージを受けることは許容できても、得体のしれない「自然」​物​に​やられることは我慢がならないのだという。この自然豊かな日本、仏教の国日本にあってもだ。この社会を巣食う「何かあった時の責任回避」という思考もこの一環。それだけ日本人の精神の都市化が進んでいる。 自然に振り回される私の人生。そう思って俯瞰すると、極めて愉快である。

最新記事

すべて表示

ツキノワグマはたぶん狂暴化している

暑い・・。転作田の表面が白くてサラサラ。播種深に悩みながらひたすら播種を進めている。 一昨日、大変ショッキングな事件があった。帰宅しシャワーを浴びようと風呂に行ったら、窓の外からガサガサと音がする。見ると直線距離で7~8メートルのところの藪が動いている。普通はイノシシだが、ちょっと様子がおかしい。これは熊かも知れないと、息を潜めてジッと見ていた。 そのうち娘が帰ってきて私を見つけて大声で話し出した

大貫橋規制があまりにバカすぎる

ただでさえ道路事情で多くの住民がくたびれている時に、今度は県からの嫌がらせともいえる不思議な規制が。う回路である江の川にかかる大貫橋を一方通行にしたのだ。ということは橋を通ればわずか500mの対岸に渡るために、なんと6kmも迂回しなければならない。 誘導員から説明を受けたときは意味が分からず何かの間違いだろうと思った。何度確認しても、「朝言われたんです・・」と申し訳なさそうな返事。誘導員もこれがバ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page