top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

地味に進めている

子らの病気でちょっとペースダウンしたものの、作業は地味に進んでいる。


今日ようやくすべての作業の中で一番嫌な作業を終わらせた。2台の乾燥機の掃除だ。鼻くそ真っ黒、視界はぼんやり、首回りとほっぺが痒い。早くシャワー浴びたい。水稲・大豆関係の機械の掃除はあと集塵機2台を残すのみ。コンバインがまだあるけど、6月に緑肥麦を刈ってからにするつもり。



2回目草取りマラソンは女房の手で進められている。現在の進捗率40%。


ただ息をしながら淡々と進める時は進める、というのがこの人生の醍醐味。一方で天気が良くなってきたのでぼちぼちタイミング事が出始める。来週あたりからまたピリピリしそう。

最新記事

すべて表示

冬に頑張るということ

ここにきて、忙しい。 山陰の冬は天気が悪いのでなかなか外仕事がはかどらない。逆に言えば、珍しく晴れた日などはたちまち作業集中だ。もちろん一つずつしか進められないので、せめて昼休みを削ってやろうかということになって、これを書く暇がないのである。 今時の作業の「本線」は2巡目草取りマラソンで、「メイン」は機械の掃除やメンテナンスや調整。一部で畑の耕うんも始めたところ。本線もあるしメインもある。なんとも

bottom of page