• 反田孝之

大山にも登ってきた

久々の更新。一応お盆休みだからね。といっても2日半のみ。あとは作業を進めている。


このたびは恒例の女房の実家への帰省ついでに、長男のたっての希望で大山登山もしてきた。わずか7

日の間に、後山、氷ノ山、大山と3つの都道府県最高峰に登ったわけだ。大した山々ではないから、大したことない!はずなんだが、膝の劣化は私の最近の大きな悩み。この度も左ひざを大いに負傷してしまった。ああ、情けなや。

大山は私にとって24年ぶりでまったく同じコースを。あの時は眺めも良かったが、このたびは9合目以上はすっかりガスの中。この山の本当の最高ピークである「剣が峰」には危険ですでに行きたいと思わないから、今回たどった味もそっけもない夏山コースは本音ではもう最後にしたい。でも次男と末っ子も連れて行けと言ってくるなら、(長男と登ったほとんどの山を)もう一度は登らんとならんのだろうね。


そのためにも、膝を始めとして、体を何とか維持しないといけない。せめて運動靴はやめて軽登山靴を買おうと、またもう少し高価なサポートタイツを買おうと考えているところ。


それと今回面食らったのは、登山道での化学臭だ。制汗剤とか虫よけスプレーとかいろいろありそう。気持ちが悪くて仕方がなかった。次は絶対人の少ない時期に行く。

休暇明け一番の作業は、災害復旧作業としての竹の焼却。半分以上が終わったぞ。


最新記事

すべて表示

力尽きそうな朝の、ありがちな一コマ

昨日、大豆の選別・袋詰めをを完全に終わらせた。今年もやったぞ。なんとも言えない達成感と開放感。そのせいか今朝、布団から起きれない。このまま丸一日寝転んで読書でもできたなら、10月25日以来の休日となって、疲れも取れるし、痛めた膝にもいいのに。 しかしどうでも急がねばならないことがあった。中山間直払制度のとりまとめだ。田津地区に毎年交付されている90万円もの補助金の操作。まずこの1年で農地維持にかか