top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

大豆がほぼ終わってひと区切り

検査が終わった最後の大豆を引取り、今日はこれから大豆と米を合わせて100袋納品しに行ってくる。急ぐ、という相手の事情があるので、明日からの悪天予報を前に納品は今日のこの一手。今日だって空を仰ぐと今にも降ってきそうだが、トラックの積み込みをびくびくしながらでもやり終えさえすれば、天気予報を見る限りは降っても小雨だから、シートで覆えば運搬に支障はない。まだ個人のお客さんへの発送があるのと、30袋ちょっとの納品は残っているけれど、これらはぼちぼちやれば済むんだから、これで今期の大豆がほぼ終わって、11月から続いた繁忙期が、ようやく気分的にひと段落ということなる。



次に走り始めるのは、ゴボウトンネルの温度管理が始まる3月初旬ごろである。ビニールを撤去する4月の中旬まではなかなか1日を空けることが難しくなって、気温、日照、風の様子を常に気にしていないとならないという、気分的な意味では、一年で一番きつい時期の一つだと言えなくもない。そして今年の3月というのは、天気が安定していれば、10月騒動のせいで秋のうちにやり得なかった管理のしわ寄せがくることが決まっているし、またこの界隈では久しぶりの若い新規就農者の経営が私のすぐ隣の田んぼで始まって、しかも自然栽培をやるというんだから、当然私の手間はそれなりに取られることになって、つまりこの春に向かっては、例年以上に戦々恐々としているということを白状しなければならない。


そして走り始めたら、7月いっぱいは走りっぱなしになるんだから、そういうわけで、これからひと月半ばかりは大いに息抜きをしておきたいのである。この間の作業といえば、草取りマラソンと、各種機械の清掃およびメンテナンス、レンコンの収穫が主。実は膨大な作業量で、だからかなり忙しい(笑)。しかし、タイミングというものがマクロスパンでシビアではない。それなりに自分のペースでできる。わがままな私にとって、自分の意思で動くことのできる貴重な期間なのである。

最新記事

すべて表示

冬に頑張るということ

ここにきて、忙しい。 山陰の冬は天気が悪いのでなかなか外仕事がはかどらない。逆に言えば、珍しく晴れた日などはたちまち作業集中だ。もちろん一つずつしか進められないので、せめて昼休みを削ってやろうかということになって、これを書く暇がないのである。 今時の作業の「本線」は2巡目草取りマラソンで、「メイン」は機械の掃除やメンテナンスや調整。一部で畑の耕うんも始めたところ。本線もあるしメインもある。なんとも

始めの5年くらいはこんな感じだったんだけどね

昨日は打ち合わせや検討ごとが異常に多い日だった。出荷、書類、イベント、講演、現場、と内容も多岐。一つのことを検討しているうちに次の電話がなり、メールが来る。以前はこんなことも時々あったが、近頃では珍しい。しかも頭をひねらねばならないことが多く、久しぶりに使い過ぎて朝から頭が痛くなった(笑)。 我々、現場を舞台にするもの者は、多くの検討事項が現場と共にある。つまり現場を知らなければ検討できないことが

bottom of page