• 反田孝之

大豆が枯れている

この暑さはいつまで続くのか。おまけに雨がさっぱり降らず、大豆がかなりやばくなりつつある。



こんなに枯れあがったのは大豆栽培歴16年目にして初めて。もっと早い段階で気が付くべきだった。たまたま道路から遠い方がこうなっている上に、見回りを朝ばかりやっていたから見逃してしまっていた。転作田で水があるので、昨日から慌てて水を入れたところ、ここは土が浅いので一晩でほぼ行き渡っていた。ここまで乾くと3日くらいはかかるものなんだが。まあ浅いから早く枯れるんだけどね。


ちなみに枯れてなくたってこの時期のどが渇き過ぎるだけで大豆は収量が下がる。それなりの被害になりそう。


ところで今田ではイノシシが猛威を振るっていて、その対策にも追われている。すでに稲はかなりやられた。これについてはまたそのうち触れたい。


長雨のせいで草だらけ、この時期の干ばつ、イノシシ被害。今年の大豆は散々だ。こうなると「もうどうにでもなれっ」てさらに管理がいい加減になりがち。いかんのだけどね。

最新記事

すべて表示

大豆作付けの判断方法

パイオニア植物であるマメ科特性ゆえか、大豆というのは良く分からん作物だ。例えば地力や肥効と、収量との関係。それから連作と収量の関係。 うちでは毎年8ha前後の作付けをする中で、実に様々な状況を見せてくれる。連作を10年以上やっているところから水稲との輪作もある。畑地もあれば転作田もある。総じて良好な収量ではあるが、なんとかこれをもっと安定化させたい。 生育の良し悪しを予想する一つの目安として、収穫