top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

大豆の予約の受付開始

大豆の販売については、毎年うちのHPからこの時期にお知らせしてきた。しかし今年はあまりのドタバタが続いている。さらにHPを乗り換えたせいで、ページの作成操作に慣れていない。ということで、公開での案内はやめることにして、2018年と2019年のどちらかに購入実績のある方のみにメールでご案内したところ。


だからそれ以外の人で予約しようと思っていた人は、「問い合わせ」ページからその旨ご連絡を。個別にお伝えしたい。


またメールでご案内した人の中にも、メールなんて普段使わないから見ないという人も多いことを知っている。だから念のため改めてここで書いてみたところ。


締め切りは12月18日の振込完了だから、私の返信込みで遅くても16日までには教えてもらいたい。

最新記事

すべて表示

今年から大豆は少しゆっくり進められるようになったはものの

明後日に予定している一発目の大豆の検査を前に、何だかんだと忙しくしていたところ、先ほど電話がかかってきて、検査員さんがインフルにかかったため検査ができるかが微妙とのこと。その場合は年明け2週目になって、卸先への納品が怪しくなる。まじか~、そうよな~、こういうことがあるわな~と。 昨年からすぐ隣のJA倉庫で検査が受けれることになっているので、今年はあらかじめそのつもりでいて、今までの納品のタイトさか

大豆が難しい

残る大豆の熟れが悪い。それで作業の段取りが難しくなっている。 大豆はつくづく、難しい。それでも圃場条件がそろっていれば、そして前提として農薬・肥料を使い他の作物と輪作をきちんとするなら、そこまでではないということを周囲を見て思う。自然栽培の実践初期の頃は大豆は施肥をしない方が間違いなく有利だと確信した。しかし近頃ではそうでもない。輪作として適当な相棒がいない場合は・・・ここからはいろいろ思うことが

bottom of page