• 反田孝之

大豆の予約の受付開始

大豆の販売については、毎年うちのHPからこの時期にお知らせしてきた。しかし今年はあまりのドタバタが続いている。さらにHPを乗り換えたせいで、ページの作成操作に慣れていない。ということで、公開での案内はやめることにして、2018年と2019年のどちらかに購入実績のある方のみにメールでご案内したところ。


だからそれ以外の人で予約しようと思っていた人は、「問い合わせ」ページからその旨ご連絡を。個別にお伝えしたい。


またメールでご案内した人の中にも、メールなんて普段使わないから見ないという人も多いことを知っている。だから念のため改めてここで書いてみたところ。


締め切りは12月18日の振込完了だから、私の返信込みで遅くても16日までには教えてもらいたい。

最新記事

すべて表示

大豆作付けの判断方法

パイオニア植物であるマメ科特性ゆえか、大豆というのは良く分からん作物だ。例えば地力や肥効と、収量との関係。それから連作と収量の関係。 うちでは毎年8ha前後の作付けをする中で、実に様々な状況を見せてくれる。連作を10年以上やっているところから水稲との輪作もある。畑地もあれば転作田もある。総じて良好な収量ではあるが、なんとかこれをもっと安定化させたい。 生育の良し悪しを予想する一つの目安として、収穫