top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

大豆の体験授業の最大の意義

先日、今年の小5大豆体験授業の全工程を、味噌の仕込みで終えた。


(最終回は女房主導で)


種蒔きして、育てて、収穫して、調整して、味噌にする。さらに給食で食べる。ノスタルジーではなく現代農業の片りんにも触れるべく、播種機、乗用除草機、汎用コンバインなどの披露や運転をして見せることも忘れない。とても有意義な取り組みだと多くの人から評価をいただいている。


しかしながら言い出しっぺの私に言わせれば、この体験授業の肝は、残念ながらほぼすべての人が意図していない「次学年に種を繋ぐ」ということにある。


多くの作物は、それがたとえ人間の手によって生かされてきたといっても、原理的には「子孫を残すために」生きてきた。それを人間が、生きるためという都合で食べてしまう。しかしその一方で、あくまで来年の食い扶持を稼ぐという目的ではあっても、種を採りその子孫(種)を残すという行為が、遠い過去からつい最近まで延々と繰り返されてきた。こういう地味で自然な命のリレーは、古の人間の死生観や自然観を形作ることの助けになっていたのではないだろうか。もし現代人のこういう価値観が劣化しているとすれば、わずかながらにでも子供の頃からその一端を意識する機会を設けるということは、極めて意義のあることだと思うのだ。


昨年はトラブルで種を繋ぐことができなかったが、今年はしっかり残すことができた。これを今の4年生に繋ぐのである。そして当然のことながらこの取り組みには前提があって、小学校がこの体験授業を続けてくれないとならない。


よく見知った子らが相変わらず今田の畑で自分の繋いだ種を蒔く姿を見て、中学に入り高校に上がり、さらに大人になった彼ら彼女らには、命を繋ぐことの何たるかを感じてもらいたい。そしてこの取り組みが20年、30年と続き、この地で結婚して子供ができ、その子らがこの種を蒔くとき、どんな感慨をも通り越して、もっと大きな価値観に触れていくであろうけれども。

最新記事

すべて表示

5年ぶりゴボウ作付け圃場

草取りマラソン2巡目で苦戦している。外側列を1往復するのに6時間。もっとも内側列の株近くまで削っているから内側列往復は2時間でできそうとしても、合計8時間かかることになる。できればこれを半分の4時間でやりたいのだ。 今やっている圃場は5年ぶりの作付けになる。ここはうちの圃場の中でもかなり良くゴボウが育つので通常なら2~3年に1回作付けするランクなのだが、①土が固くてゴボウ収穫機が機能しないので土を

ともかくまずは種を繋ぐこと

先週末は当地有志による映画祭のイベント。私も一応は頭数のはずなのだが、いつものごとくまったく関与できず。皆さんには頭が下がる。 このたびのテーマは「種」。種というのは大変難しいテーマだ。私ら農家や家庭菜園家ですら無頓着な人が多いのに、種を蒔く機会のない人たちにとってはあまりに哲学的な素材である。さらにアメリカなどと違って、種の事情が目に見えて社会問題化していないという背景がある。 うちが小5を対象

オンラインミーティングで触れなかったこと

昨夜のオンラインミーティングで触れなかったことは当然まだたくさんあって、そのうち2つほどここに書いておきたい。 まず大豆の収量について、実は自家採種との関係で一つの傾向をつかんでいる。これはもう10年くらい前に、ある方からこのことを聞いて、毎年そのつもりで観察してみると確かに傾向がありそうなのである。 それが何か、ということがなかなか言い辛い。勘のいい人ならその訳がわかるか。しかし今はそれでいいと

bottom of page