• 反田孝之

大豆の除草でしくじった

まあよくものんきに超繁忙期が終了したなんて言ったよね。ま、振り回されるのは私の人生そのもの。昨日今日が一番ってくらいに忙しかったぞ。まともに昼飯食ってる暇もなかった。


これ。



ひたすら田津と今田の3ha分をかけた。ついさっき、ジ・エンド。雨が降ってきやがった。雨はずっと続く予報だから、残りの1.8haはダメにしたっぽい。あと半日あれっば終わったんだけど。のんきにゴボウの収穫をしている場合ではなかったか・・。


この辺りの判断は難しい。洪水前に少しでも多く掘り上げるというのはあまりにも最大使命。今朝だけでも800~900キロのゴボウを掘り上げて、洪水から救われたのだ。でも洪水は来ないかもしれない。7割の確率で来ない。だとしたら大豆の除草をやった方が良かったということになる。でも逆に言うと3割の確率でこの時期に来る。3割だぞ。さすがにビビるわ。


一方で大豆の除草作業、特に一発目は、切るか切られるかの真剣勝負。ここのところをどう反省するか。まあ答えはすでに見えている。

最新記事

すべて表示

この時期に本線作業がないとは

連日、天気が悪い。おかげで作業場でやれる中仕事も、本線はすっかり終わらせてしまっていて、この時期で考えられないほど余裕がある。そのため今日の午前は、こちらからのドタキャン可というわがまま付きで受けていた雑誌取材も、すっかり楽しんで対応させてもらい、お世話になっている「蔵庭」のシェフさんの義理に報いることができて安心した。そう、どんな繁忙期だって結果的にはこんなこともあるのだ。 それで午後は頭を切り