• 反田孝之

大豆収穫、マジか、まだ早い

今日大豆の収穫を終えるつもりで動いていたのに、刈り始めて、コンバイントラブルの多発と異常な収穫ロス。収穫には明らかにまだ早い。許容範囲と思ったのに・・。冬の足音が聞こえているというのに!


今年の大豆は何事も難儀だ。


最新記事

すべて表示

大豆作付けの判断方法

パイオニア植物であるマメ科特性ゆえか、大豆というのは良く分からん作物だ。例えば地力や肥効と、収量との関係。それから連作と収量の関係。 うちでは毎年8ha前後の作付けをする中で、実に様々な状況を見せてくれる。連作を10年以上やっているところから水稲との輪作もある。畑地もあれば転作田もある。総じて良好な収量ではあるが、なんとかこれをもっと安定化させたい。 生育の良し悪しを予想する一つの目安として、収穫