top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

大豆収穫が苦戦

思ったように進まないから。これを見よ。遠目に見たら、ただの草むら。


近くに寄っても大豆は見えない。



運転席からも見えない(笑)。


それでも収量は100キロぐらいあるというね。前にも書いたが、発芽勢の悪さでこうなった。今年は空梅雨で除草には最高の環境だったんだけどね。50年予定の農業人生の18年目に、良い学び(笑)。


まあこれらの写真は一番ひどい圃場。実は刈り始めて収穫不能になりかけた。5メートル進むたびに草が絡まって、いちいち除去しないとならない。外周を1周するだけで30分!前から聞いたことはあったけど、そうかこれがその状態かと。しかしあまりに悔しい。布団の中で一晩考えてコンバインのデバイダーにひと工夫を。



角度を目一杯上げて、番線を張ってみた。すると、いやもう、感激。超劇的に改善した。あんまりひどいところはダメだけど、50aで10回くらい。布団の中で考えているのって、エッチなことだけじゃないわけよ。


ホントはね、こんな呑気に(必死に)農作業に追われてる場合ではない、とついつい思ってしまうわけ。今日も当地に大西つねき氏が来ているし。でも仕方ないね。一次産業の空洞化って今、飯を食いながらこれを書きながらつねき氏が動画でしゃべっとるのを聞いとる。


私にしかできないことには、誇りをもってやっていくよ。人には役割がある。という前回の続き。さあ畑に行こう。

最新記事

すべて表示

今年から大豆は少しゆっくり進められるようになったはものの

明後日に予定している一発目の大豆の検査を前に、何だかんだと忙しくしていたところ、先ほど電話がかかってきて、検査員さんがインフルにかかったため検査ができるかが微妙とのこと。その場合は年明け2週目になって、卸先への納品が怪しくなる。まじか~、そうよな~、こういうことがあるわな~と。 昨年からすぐ隣のJA倉庫で検査が受けれることになっているので、今年はあらかじめそのつもりでいて、今までの納品のタイトさか

大豆が難しい

残る大豆の熟れが悪い。それで作業の段取りが難しくなっている。 大豆はつくづく、難しい。それでも圃場条件がそろっていれば、そして前提として農薬・肥料を使い他の作物と輪作をきちんとするなら、そこまでではないということを周囲を見て思う。自然栽培の実践初期の頃は大豆は施肥をしない方が間違いなく有利だと確信した。しかし近頃ではそうでもない。輪作として適当な相棒がいない場合は・・・ここからはいろいろ思うことが

bottom of page