top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

大豆収穫2日目

昨日から大豆収穫開始。


シュウレイ区は発芽勢の弱さが最後までたたっている。除草が上手くいかなかった圃場には、株間の草が巨大化し繁茂している。こちらは想定通り。面食らっているのは、除草がそこそこ上手くいった圃場で、条間にタデが芝を張ったようにはびこっていること。こんな状態は初めて見た。


(条間は、ほぼタデ)


この双方ともコンバインが難儀をする。刈れることは刈れるが能率がひどい。せいぜい一日に1枚。こんな圃場が全部であと8枚(4ha)ある。烈莢がひどいからと今日も勢い勇んで刈り始めたところ、コンバイン1台刈ったところで中止。そこから先は茎の青垂れ株が気になる。他の圃場も見て回ったら同じ感じ。まじか、逆なのか、もう少し待つのか・・。草が多いというのはホトホト困る。


期待した肝心の収量もいまいち。遠目では明らかに180キロ越えの莢付きというのにシイナが多い。また変質粒も多い。120キロに届かないくらいか。さても大豆の難しさには途方に暮れる。


一方のサチユタカ区はたぶん豊作。刈ってみないと分からないのではあるが、たぶん豊作。大豆連作13年目と圃場はここに入る。今後に向けていろいろと考えることが多い。

最新記事

すべて表示

今年から大豆は少しゆっくり進められるようになったはものの

明後日に予定している一発目の大豆の検査を前に、何だかんだと忙しくしていたところ、先ほど電話がかかってきて、検査員さんがインフルにかかったため検査ができるかが微妙とのこと。その場合は年明け2週目になって、卸先への納品が怪しくなる。まじか~、そうよな~、こういうことがあるわな~と。 昨年からすぐ隣のJA倉庫で検査が受けれることになっているので、今年はあらかじめそのつもりでいて、今までの納品のタイトさか

大豆が難しい

残る大豆の熟れが悪い。それで作業の段取りが難しくなっている。 大豆はつくづく、難しい。それでも圃場条件がそろっていれば、そして前提として農薬・肥料を使い他の作物と輪作をきちんとするなら、そこまでではないということを周囲を見て思う。自然栽培の実践初期の頃は大豆は施肥をしない方が間違いなく有利だと確信した。しかし近頃ではそうでもない。輪作として適当な相棒がいない場合は・・・ここからはいろいろ思うことが

bottom of page