top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

始めの5年くらいはこんな感じだったんだけどね

昨日は打ち合わせや検討ごとが異常に多い日だった。出荷、書類、イベント、講演、現場、と内容も多岐。一つのことを検討しているうちに次の電話がなり、メールが来る。以前はこんなことも時々あったが、近頃では珍しい。しかも頭をひねらねばならないことが多く、久しぶりに使い過ぎて朝から頭が痛くなった(笑)。


我々、現場を舞台にするもの者は、多くの検討事項が現場と共にある。つまり現場を知らなければ検討できないことが多いということ。そしていきおい複雑な現場を説明するのが難しいとか面倒とかあって、つい言葉足らずの打ち合わせになる場合が多い。双方が現場感覚に長けているとか波長があうとかならそれですんなりいくが、そうでない場合は打ち合わせのどこかに落ちや抜けがあって、いざその時になると困るとか、あとでトラブルになる場合もある。なかなか難しいものだ。


一転して今日、特になし。大豆の納品と出荷、調整、およびデスクワークが淡々と、しかしながら高速(光速)で進むといういつもの一日。ま、ようするに軌道に乗ったということ。でもね、昨日のような日もたまにはいい。就農初期の頃が少しだけ懐かしくなった。

最新記事

すべて表示

冬に頑張るということ

ここにきて、忙しい。 山陰の冬は天気が悪いのでなかなか外仕事がはかどらない。逆に言えば、珍しく晴れた日などはたちまち作業集中だ。もちろん一つずつしか進められないので、せめて昼休みを削ってやろうかということになって、これを書く暇がないのである。 今時の作業の「本線」は2巡目草取りマラソンで、「メイン」は機械の掃除やメンテナンスや調整。一部で畑の耕うんも始めたところ。本線もあるしメインもある。なんとも

bottom of page