top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

子どもの学力向上は教師のコマ数削減から

教師の負担の大きさについては、もうずいぶん前から言われていることで、ここ最近も報道でよく目にする。


塾講師の経験で言わせてもらうと、授業の質を担保するためには、現状では1日の授業のコマ数が多すぎる。1週間で多くて20コマがせいぜいだ。つまり1日4コマ平均。3.5コマくらいでもいい。


真剣に授業の準備をして、その授業にベストパフォーマンスで挑むなら、気持ちも体力もよっぽど使い果たすものだ。私も毎コマが終るごとにヘトヘトだった。民間企業の成果重視の宿命という事情もなくはなかったが、教育という本質に変わりはなかろうし、また授業というものがそもそも、頭脳労働であり、肉体労働であり、感情労働でもあるということを忘れてはならない。


そしてこれらを踏まえた上での「余裕」は、経験によって徐々に増えていく一方で、加齢による体力の低下で減っていく。だから年齢、経験、意欲などに応じたコマ数の考え方も必要。適正コマ数を超えるほど、授業は適当になっていかざるを得ない。


こんなことはそれなりの経験者なら容易に分かることだから、今まで手が付けられないのは、授業が聖域視されているとかではなく、議論が時代についていっていないだけだろう。


教師の負担だけでなく、子供の学力低下も、コマ数の改善で劇的に変わると確信する。ある意味で、簡単なことだ。

最新記事

すべて表示

ツキノワグマはたぶん狂暴化している

暑い・・。転作田の表面が白くてサラサラ。播種深に悩みながらひたすら播種を進めている。 一昨日、大変ショッキングな事件があった。帰宅しシャワーを浴びようと風呂に行ったら、窓の外からガサガサと音がする。見ると直線距離で7~8メートルのところの藪が動いている。普通はイノシシだが、ちょっと様子がおかしい。これは熊かも知れないと、息を潜めてジッと見ていた。 そのうち娘が帰ってきて私を見つけて大声で話し出した

大貫橋規制があまりにバカすぎる

ただでさえ道路事情で多くの住民がくたびれている時に、今度は県からの嫌がらせともいえる不思議な規制が。う回路である江の川にかかる大貫橋を一方通行にしたのだ。ということは橋を通ればわずか500mの対岸に渡るために、なんと6kmも迂回しなければならない。 誘導員から説明を受けたときは意味が分からず何かの間違いだろうと思った。何度確認しても、「朝言われたんです・・」と申し訳なさそうな返事。誘導員もこれがバ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page