• 反田孝之

子を思い、親を慕う悲哀

塾講時代のことを書くつもりだったけど、この記事を読んで、そんな気分ではなくなってしまった。


56歳 引きこもり衰弱死~父と息子すれ違いの果てに~

子を持つ親なら誰にでも刺さる記事じゃないか。誰にでも起こり得る悲劇。たまたま記事になっただけで、こういう悲劇の事例はこれまでに五万と繰り返されてきたことだろう。それだけに、刺さる。記事の内容や写真を思い返してみては、私ら父子に似たところがあるなと認めつつ、父親の気持ちと子供の気持ちに感情移入して、どうにも悲しくて仕方がない。


ともすれば誰かに責任を押し付けなければ済まない今の社会だ。しかし誰も悪くない、という事柄の方が世の中には圧倒的に多いはず。良かれと思って努力する中で向かう運命であるなら、それは黙って受け入れざるを得ない。


だから私は子供らを山に連れて行く。自然を愛して運命に従うのなら、自然はその懐を差し出してくれると思うから。

(2021年4月)


最新記事

すべて表示

なぜ自然栽培をやるのかと聞かれればこう答える。 「自然界の事実が知りたいから」 人間の体はもちろん、精神も含めた自然界。その事実が知りたい。そして実際に、これまで自然栽培を続けてきたことで知り得たことがたくさんあった。それは世間の教科書のどこにも書いていないことばかりであった。 ただただ、そういうことが知りたい。人間が頭で考えたイメージには興味がわかない。 「無農薬無化学肥料」とか「オーガニック」

農業をやっていたり、やっていなくても田舎に住んでいれば、草刈りなどの共同作業がつきものだ。今日は朝から今田地区のイノシシよけの柵周りの草刈りを。 滅多にやらない箇所だけに、竹が生え、ツルが巻き、どこをどのように手を付けていいかわからない状態。そんなのが総延長500mでそれを4人でやろうというのだから、みんな集まったはものの及び腰。しかしブツブツ言いながらもやりだすと案外やってしまうもので、みっちり

マスク、いつまでやる気なのか。私はよっぽどのことがない限りはやらないからまだいいんだけど、この流れは自殺者増につながっていくし、子供らも不憫。 保育園に通う娘が、「マスクが嫌だけどしてないと先生に怒られる」というので、女房が園に掛け合う。結論としては​、園としてはマスクの必要はないと考えているが、コロナが発生した時にマスクをさせていたかどうかが問題視されるので四の五の言わずに協力してほしい、とのこ