• 反田孝之

子供らには病気にかからせてやりたい

いや~、久しぶりに発熱。しかも家族が次から次に!いつ以来かな、こういうの。


てなこと書くと、ビビる人が出てくるおかしな世の中になった。


発端は末娘。保育園で流行っていたウイルス性の胃腸炎(だったか?)をお持ち帰り。そして長男、次男と順に。いつ以来かの連鎖感染。たまに病気にかかることの大事さをすでに理解してくれているとはいえ、吐いて辛そうな彼らに向かって「良かったな」とか「大人になったら吐くのに慣れるぞ~」などと言っていたら、きたきた、私にも。まあ私は嘔吐はなく下痢と微熱だけなんだけど、発熱がいつ以来かに来たことが嬉しくて仕方がない。なんたって最近は体調不良には逆に体温が下がるというおかしなことになっていたから。


いつものように体の声に従って(もちろんクスリは飲まず)養生して、みんな発症から1日半くらいで回復。たまにはこういう免疫系の刺激は必要なこと。特に子供はね。


という一昔まで当たり前とみんなが知っていたことが、医療業界の業界努力のせいで、忘れさられようとしている。様子伺いで電話してこられた学校の先生がしきりに怖い怖いと言われたので、病気をしなくなって心配していたが久しぶりでホッとした、という旨を伝えると「前向きですね~」と感心される。前向きでも後ろ向きでもなく、一昔前までは常識だったこと。昨今の風潮のままいくと、きっといつか大変なことになる。


とまあこんなことが言えるのも、受験生とかを抱えていないから。高校入試は昨日だったらしい。抱えていたら、宿主は4歳児だし、感染させないようビリビリしたことだろう。


あと女房に飛び火しなかったおかげでもある。そうなっていたら6年前ほど(この時はインフルエンザ)ではないかもしれないが大変だったろう。

最新記事

すべて表示

なぜ自然栽培をやるのかと聞かれればこう答える。 「自然界の事実が知りたいから」 人間の体はもちろん、精神も含めた自然界。その事実が知りたい。そして実際に、これまで自然栽培を続けてきたことで知り得たことがたくさんあった。それは世間の教科書のどこにも書いていないことばかりであった。 ただただ、そういうことが知りたい。人間が頭で考えたイメージには興味がわかない。 「無農薬無化学肥料」とか「オーガニック」

農業をやっていたり、やっていなくても田舎に住んでいれば、草刈りなどの共同作業がつきものだ。今日は朝から今田地区のイノシシよけの柵周りの草刈りを。 滅多にやらない箇所だけに、竹が生え、ツルが巻き、どこをどのように手を付けていいかわからない状態。そんなのが総延長500mでそれを4人でやろうというのだから、みんな集まったはものの及び腰。しかしブツブツ言いながらもやりだすと案外やってしまうもので、みっちり

マスク、いつまでやる気なのか。私はよっぽどのことがない限りはやらないからまだいいんだけど、この流れは自殺者増につながっていくし、子供らも不憫。 保育園に通う娘が、「マスクが嫌だけどしてないと先生に怒られる」というので、女房が園に掛け合う。結論としては​、園としてはマスクの必要はないと考えているが、コロナが発生した時にマスクをさせていたかどうかが問題視されるので四の五の言わずに協力してほしい、とのこ