top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

家庭菜園も洪水で

今日は家庭菜園の片付けを女房と。洪水のせいもあってマルチを剥がすのに一苦労。


毎年家庭菜園には苦労する。一番はイノシシ。2番がサル。そこに近年は洪水が入ってきた。


写真の場所は田津で、サルの出ない辺りで大豆と一緒に電気柵で囲っているので苦労はない。はずなのだが、今年も洪水のため、実質その時点で終了となってしまった。唯一残って立っているのがオクラ。もう一つ水に強いサトイモは洪水後に電気柵を外した間にすっかりイノシシに食べられてしまった。


「家庭」菜園なのだから自宅の敷地内でやるのが一番便利でいい。でも自宅の畑は石が多く、日当たりが悪い。そしてイノシシはもちろんサル対策も必要になる。それでついつい仕事の畑でやってしまう。


さて、来年はどこでやるか。一番土のいい田津の選択肢はもうない。今田も近年は洪水続き。近々着工の樋門工事次第かとも考えたが、そういえば今田は圃場の構造上の問題で強い雨が降っただけで「田んぼ」になってしまうんだった。


たかが家庭菜園、されど家庭菜園。何をするにも簡単ではない。

最新記事

すべて表示

久しぶりに静かな今田地区

今日の今田地区は、今までの静かな状態に戻っている。 実は冬から、田んぼをの中央を貫通する道路が工事規制による迂回路になっていて、交通量が増えている。中型以上は全部こちらを回るし、普通車も増えた。作業をしていて鬱陶しくてたまらない。もとより事務所から今田地区への距離も伸びている。苗箱下ろしで苗箱を運ぶ時はホトホト滅入った。この交通量の中を、片道1車線で2.2kmのでこぼこ道を最徐行で5回走った苦労を

自然栽培講座は続く

たった今、当地で行われている自然栽培講座の来年の協議をオンラインでした。 私は2年前にこれを引っ張ってくるところだけに関わった程度で、講座は関係者の皆さんと講師の内藤さんが進めている。3年目の来年も継続する見通しでホッとしているところ。 私としては、大筋の希望がすっかり適っている上に、その先の効果や詳細等は運営側の方々がよっぽど長けておられるので、口出しは一切不要。それで今、いつものように興奮して

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page