• 反田孝之

せめて屋「内」でのマスクはやめて欲しい

マスク、いつまでやる気なのか。私はよっぽどのことがない限りはやらないからまだいいんだけど、この流れは自殺者増につながっていくし、子供らも不憫。


保育園に通う娘が、「マスクが嫌だけどしてないと先生に怒られる」というので、女房が園に掛け合う。結論としては​、園としてはマスクの必要はないと考えているが、コロナが発生した時にマスクをさせていたかどうかが問題視されるので四の五の言わずに協力してほしい、とのこと。こう言われると仕方がない。


国も強制はしていないというし、自治体も強制はしていないという。しかし「雰囲気」が現場に強制を強いる。かくして不思議な構図が出来上がる。


パッと見、マスクをしている人はもはや99%以上。理由は様々だ。その中でマスクがコロナを減らすことに貢献すると信じている人に対しては、申し訳ないけど勘違いだと言わざるを得ない。多くの「専門家」がそういっているし論理も自然だ。そんなことはない、マスクには効果があるという専門家もいる!という反論もあるが、その主張をよく聞いてみろ、根拠がほとんどないから。


なのに多くの「専門家と称するオタク」がマスクの必要性を言い続けるのは、今さら説を変えるのはみっともないからだという。私もそんな気がする。オタクというのは得てして社会性がないものだから、そんなところだろう。


オタクの言い分に付き合ってマスクをしたい人はすればいい。ただ強制するな、と言いたい。しかし、この頃はそれすらも思えなくなった。というのは、マスクはよっぽど汚いらしい。そこで繁殖している細菌はウンコと同レベルとのこと。それを目の前でスーハ―スーハ―とばらまかれると、いくら私が日ごろから菌に親和感を抱いているとはいえ、それは自然な環境下での菌についてであって、マスクという不自然下で繁殖した菌をばらまかれるというのはさすがに気持ちが悪い。まあ相手は直接口につけて吸っているわけだから、それに比べれば我慢してあげようと頑張っているけど、なぜ私があなた由来の細菌群を受容しないとならないのかという不条理を感じる。もうマスクをした人が大勢集まった場所というのはどうにも落ち着かない(SMプレイを想像するからではない・笑)。だから屋外でするのは勝手だが、せめて屋内ではマスクを外してもらいたい、というのが私の本音である。


まあもっと本音は今すぐの全廃。だけどコロナに関係なく一生マスクをし続けたいという人が若い女性を中心に25%くらいいるというのだから、困ったものである。すっかりこんがらがってしまった糸。これをほぐせるのは政治家だけ。ただ騒いで煽るだけのマスゴミなんか無視して英断(というほどでもないと諸外国を見ると思うけど)を下せる人はいないのだろうか。自民党でこれができる人って、誰よ。いないか。

最新記事

すべて表示

なぜ自然栽培をやるのかと聞かれればこう答える。 「自然界の事実が知りたいから」 人間の体はもちろん、精神も含めた自然界。その事実が知りたい。そして実際に、これまで自然栽培を続けてきたことで知り得たことがたくさんあった。それは世間の教科書のどこにも書いていないことばかりであった。 ただただ、そういうことが知りたい。人間が頭で考えたイメージには興味がわかない。 「無農薬無化学肥料」とか「オーガニック」

農業をやっていたり、やっていなくても田舎に住んでいれば、草刈りなどの共同作業がつきものだ。今日は朝から今田地区のイノシシよけの柵周りの草刈りを。 滅多にやらない箇所だけに、竹が生え、ツルが巻き、どこをどのように手を付けていいかわからない状態。そんなのが総延長500mでそれを4人でやろうというのだから、みんな集まったはものの及び腰。しかしブツブツ言いながらもやりだすと案外やってしまうもので、みっちり

一昨日、自民党はしっかりしろと書いた。私は本来は自民党支持だ。​各党が掲げる理念や主張を見る限り、自民以外を本気で推す気は起きない。特にコロナ騒ぎが始まってからは顕著である。 しかし世の中で自民を支持する人には2通りある。1つは、党を支持することそのものが目的の人たち。自民党がやること、総裁がやることに反対はしない。基本は服従。そういう人たち。もう1つは、違うと思えば党や総裁に苦言を呈する人たち。