• 反田孝之

山水の水源も変わり果てた姿に

午後から急きょ集落の山水の水源復旧作業を。​


山水は9日の台風以来止まっている。水量が減らんとどうせメンテもできんからということでずっと放っておいた。そろそろかと今朝様子を見に行こうとしてみたら、あれあれ、倒木で進めない。



車を降りて歩いて行ってみる。結局倒木が2か所、道路崩壊が1か所。そして水源も変わり果てた姿に。これは手間がかかる。我が家の井戸水も晴れが続くといつまで出るか分からない。それで急きょ復旧作業をすることにしたのだ。


倒木はチェンソーで撤去、道路崩壊はどうしようもなく、歩いていくしかない。もともと沢だったところを道路にしたのだから、崩壊したのではなく元に戻ったのだと言える。


水源はすっかり石と砂で埋まり、蓋代わりの大石も半分くらいが流されていた。


必要な道具が足りず、今日は中断。水源自体は明日にも復旧できそうだが、もしパイプを這わせている山肌が崩れでもしていたら事はそう簡単ではなくなる。だから急ぐ。


ようやく畑が乾いたので、水に浸かったゴボウも明日掘ってみるつもり。洪水後のフヌケの日々もそろそろ終わりのようだ。今田地区の電気柵一式も1~2日のうちには届く。これから一気に忙しくなる。


水源近くの、昔棚田だったところから見る、旧桜江町第二峰の鳶の子山。実にありがたみのある姿だ。まだ若き頃、藪をかき分けて登ったことがある。


最新記事

すべて表示

前回更新から6日も経つのか。まあ相も変わらず忙しく動いている。きっと余生はこうやって過ぎ行く。 私の人生を一言で表すなら「仕方がない」人生だ。自分はこうするつもりはないんだけど、仕方がないからこうするんだよ、の連続。私の意志というものを充足させられる機会は日々の中であまりない。自然農業を人生のベースに置けばこうなることは「仕方がない」のだろうと思っている。 以前たびたび「根本」と「対症」につい

今日は久しぶりの本降り、を通り越して大雨予報。今月の半ば以降、そのうちにやって来るこういう雨までにやっておきたいことをひたすら進めていたのだが、実は先週末にケチがついた。体調不良になって3日も作業を休んでしまったのだ。 昨日は全開で進めたが、やりたかったことのうち多くは間に合わなかった。まあこのたびは貯金しながら進めていたため、まだまだ挽回の余地がありそうで焦りは小さい。ただこれからのことを思う

今日は眠い。ちょっと前から有志でいろいろ企んでいることがあって、昨夜それで飲んでいたため。このたびはいい方向に進みそう。どころか、素晴らしい取り組みになりそうである。 大雑把に言うと、自然栽培もフルに活用した町おこしの取り組み。町おこしを越えて、世直し。そう言いたくなるような取り組み。久しぶりにワクワクしている。1年以内には世間にお披露目される流れとなるだろう。 当然ながら、自然栽培と出会ってから