top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

川勝知事がいいことを言っている

川勝静岡県知事の発言が賑わっている。ご本人の「全文を読んでもらえばわかってもらえる」という発言から、全文を読んでみた。そしたら、なるほど、いいこと言ってるじゃないか。



ただの、言葉足らず。こういうことってあるよ。こう言いたいんだろうなということはよく分かった。ニュアンスとしては、「頭脳と知性しかないんだからそこを磨け」的なことだったのではないか。我々は日々田畑に向き合って、嫌でも知性や感性が磨かれるし、自ずと厳しく律せられる。しかし県職員、ぼーっとしててはダメよ、自分で自分を律しなさいよ、ということではなかったか。あといい意味で、頭脳と知性にプライドを持ちなさいと。我々ものづくりは、できたものがプライドである。県職員はどこにプライドを持つかと言ったら、そこしかないではないか。


それにしてもそのほかにも言い訓示をされている。私は別に川勝知事に対し特に評価を持たない人間だが、これを読んで素直にそう思ったことだ。



最新記事

すべて表示

対抗策を考えた

昨日のように腹を立てているだけでは、何事をも「為してなんぼ」の私の立場は済まない。ということでさっそく具体的な対策を立てた。 ちなみに今田地区では昨年まで私を含め3人で21haを耕作しており、私が腹を立てているのは、イノシシ対策などこれまでほとんど私に任せっきりだった、私以外の2人の70代が、イノシシの行動の実態も知らずに勝手に進めた案についてだ。もう阻止はできない段階のようだから、私の気持ちが収

どうしてこんなにバカなのか

腹が立って仕方がない。というか情けなくて仕方がない。いい歳をしてどうしてこうバカなのか。バカのくせに仕切りたがる。とばっちりを食らう方はたまったもんじゃない。 用水システムの不具合は、修繕のポイントのズレを散々言い続けてきたのに無視され続け、あげく意図的に私抜きで、おかしな方向へ行きかけていたところを、行政の方の機転で私が呼ばれ、何とか止めることができた。 しかしイノシシ対策。やたら面倒で体力的に

最後の登園日

今日は末娘の最後の登園日。最後は「お父さんと行く」というので朝、送った。 卒園式は昨日終わっているのだけれど、保育園というのは普通は式の後も、登園の可能な3月末までは子供を通わせざるを得ないものだ。しかし我が子、今日だけは年下の友達とお別れするために登園するが、明日からはもう行かないと言い張る。それで今日が最後だというわけ。 長男から数えると、保育園には途切れることなく連続14年間お世話になったこ

Comments


bottom of page