• 反田孝之

平井鳥取県コロナ脳暴走知事

隣の鳥取県が連日コロナで熱い!立役者は言うまでもなく平井コロナ脳知事。


日々のコロナ陽性者の数(人口比)が半端でない。私が調べた範囲では検査数も断トツだ。市中感染と無症状者が多い状況下では検査数を増やせば陽性者も多くなるのは当たり前。県民に甚大な不幸を押し付けてでも貫徹する姿勢には呆れかえるばかりだが、ああ、そうかと。これはコロナゲームなのだ。


ゲームのルールは簡単。「他の都道県に先駆けてコロナ陽性者の数を減らす」というもの。おそらく彼は次のように考えている。人流を抑制した中で検査をバンバンやってウイルス保持者を隔離して行けば陽性者は減る。そしてゲームとはいえあまり無茶はできないから、なるべく穏便に効率を求めて小学校や福祉施設を狙い撃つ。こうやって陽性者数を減らし県知事会会長も兼ねる自分の功績としてアピールする。その後また増えたって知ったことではない。その他のことも未来のことも知ったことではない。とりあえず「このゲーム」に勝ついことが大事なのだと。


じゃあ彼はゲームにマヒしたゲーム脳かと言えば、実は冷静だろう。このゲームに付き合ってゲーム脳になっているのは多くの県民なのだ。「コロナをなくすためなら他のことも未来もどうでもいい」というのがコロナ脳。この脳の在り方はちょっとした洗脳状態で、戦時中やオウム事件を思えば我々日本人にとってあまりに身近なことであるはずなのだが、戦争はすでに昔の話でピンとこない、オウム事件は自分らとは違う生き物の仕業。その点ゲーム脳はずいぶん話題になってきたから馴染みがあるはず。気づいている人も少なくはないがまだまだ少数派。多くの人がこのゲーム脳にはめられている。


そして県民(国民)をゲーム脳に煽る張本人がマスコミ。矜持をなくし「死者が過去最高!」と平気で報じるマスコミ。それに政治家が乗っかる構図。これだけ多くの人を不幸に多いやる彼らの罪は重い。

最新記事

すべて表示

将棋棋士の佐藤天彦 元名人がノーマスクで反則負けになったという事件。将棋連盟というところは昔から何か世間とはかけ離れた不思議な判断軸が幅を利かせている気がしていたが、このたびのこれ。警告もなしで一発レッド、って問題も当然あるけど、そもそも将棋を指しながらマスクをしなければならない理由がちっともわからない。 ​この不思議な​規​​定​ができたの​は、マスクをしていない人と長時間向き合うことを嫌がる人

掛け値なしの​日本晴れの空の下、小学5年生の体験畑の大豆収穫を終えた。刈って、学校に持ち帰って、干すところまで。子供に限らずやっぱり人間って収穫が楽しいんだな、とつくづく。 話変わって、これ。 実際に娘の名前あてで来ると少しドキドキする。何のために打たなければならないのかって、誰かまじめに説明できるは人いるのだろうか。商売医療にどっぷり漬かっている医者は都合のいい適当なことばかり言っているし。だい

子供の体力低下、少子化。これらは最近のニュース。そして周囲を見回すと、「子供には口枷(マスク)に慣れさせたい」とあっけらかんと言ってのける教育関係者がきちんと育っていて、外せと言っても口枷を外さない子供若者が当たり前になった。 実に順調だ。しかし緩めることなく徹底的に叩き潰さねばならない。なんたって、イチローでびっくりしたのに今の大谷だ。先の戦争の後、半世紀以上が経つというのにまだこんな奴らがいる