top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

平井鳥取県コロナ脳暴走知事

隣の鳥取県が連日コロナで熱い!立役者は言うまでもなく平井コロナ脳知事。


日々のコロナ陽性者の数(人口比)が半端でない。私が調べた範囲では検査数も断トツだ。市中感染と無症状者が多い状況下では検査数を増やせば陽性者も多くなるのは当たり前。県民に甚大な不幸を押し付けてでも貫徹する姿勢には呆れかえるばかりだが、ああ、そうかと。これはコロナゲームなのだ。


ゲームのルールは簡単。「他の都道県に先駆けてコロナ陽性者の数を減らす」というもの。おそらく彼は次のように考えている。人流を抑制した中で検査をバンバンやってウイルス保持者を隔離して行けば陽性者は減る。そしてゲームとはいえあまり無茶はできないから、なるべく穏便に効率を求めて小学校や福祉施設を狙い撃つ。こうやって陽性者数を減らし県知事会会長も兼ねる自分の功績としてアピールする。その後また増えたって知ったことではない。その他のことも未来のことも知ったことではない。とりあえず「このゲーム」に勝ついことが大事なのだと。


じゃあ彼はゲームにマヒしたゲーム脳かと言えば、実は冷静だろう。このゲームに付き合ってゲーム脳になっているのは多くの県民なのだ。「コロナをなくすためなら他のことも未来もどうでもいい」というのがコロナ脳。この脳の在り方はちょっとした洗脳状態で、戦時中やオウム事件を思えば我々日本人にとってあまりに身近なことであるはずなのだが、戦争はすでに昔の話でピンとこない、オウム事件は自分らとは違う生き物の仕業。その点ゲーム脳はずいぶん話題になってきたから馴染みがあるはず。気づいている人も少なくはないがまだまだ少数派。多くの人がこのゲーム脳にはめられている。


そして県民(国民)をゲーム脳に煽る張本人がマスコミ。矜持をなくし「死者が過去最高!」と平気で報じるマスコミ。それに政治家が乗っかる構図。これだけ多くの人を不幸に多いやる彼らの罪は重い。

最新記事

すべて表示

川勝知事がいいことを言っている

川勝静岡県知事の発言が賑わっている。ご本人の「全文を読んでもらえばわかってもらえる」という発言から、全文を読んでみた。そしたら、なるほど、いいこと言ってるじゃないか。 https://news.yahoo.co.jp/articles/aa84967ca4481552dd65b1152263f99b289e5d14 ただの、言葉足らず。こういうことってあるよ。こう言いたいんだろうなということはよく

対抗策を考えた

昨日のように腹を立てているだけでは、何事をも「為してなんぼ」の私の立場は済まない。ということでさっそく具体的な対策を立てた。 ちなみに今田地区では昨年まで私を含め3人で21haを耕作しており、私が腹を立てているのは、イノシシ対策などこれまでほとんど私に任せっきりだった、私以外の2人の70代が、イノシシの行動の実態も知らずに勝手に進めた案についてだ。もう阻止はできない段階のようだから、私の気持ちが収

どうしてこんなにバカなのか

腹が立って仕方がない。というか情けなくて仕方がない。いい歳をしてどうしてこうバカなのか。バカのくせに仕切りたがる。とばっちりを食らう方はたまったもんじゃない。 用水システムの不具合は、修繕のポイントのズレを散々言い続けてきたのに無視され続け、あげく意図的に私抜きで、おかしな方向へ行きかけていたところを、行政の方の機転で私が呼ばれ、何とか止めることができた。 しかしイノシシ対策。やたら面倒で体力的に

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page