top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

当地には被害なし

島根、鳥取の大雨ということで、心配のご連絡もいただいている。幸い当地と江の川上流のどちらもが大した降雨量ではなく、何事もなかった。ご安心を。


それにしても近隣の出雲や三原の惨状に、本当に「運」次第ということを思わずにはいられない。そしてもっと大きな視点で地球環境のことを。自分にできることは知れている。私は私の本分を果たすのみだと、そして横の連帯に貢献できるくらいの力をつけたいと、改めて地味に決意してみる。


今田の転作田の大豆の今。


まあこれくらいは仕方がない。大豆もここまで大きくなっているとこの程度の湛水は関係ないし。でも早く乾くのに越したことはないから、朝から鍬であちこちに溝を掘り本明渠へ誘導して全力で排水しているところ。またカモが泳いでやがった。ここは畑だって。


天気は来週からはまあまあいいみたい。残る3haの大豆を早く播きたい。すでに1日遅れるごとに減収していく時期に入っている。仮に明日からガンガンに晴れたと仮定して播種は最短で5~7日後。現実はギリギリだ。

最新記事

すべて表示

最大の繁忙期に突入

毎日暑い中、​淡々と作業は進み、今日これから大豆の播種準備を。作業機を付け替え、播種機をつけ、姿勢を調整し、できれば今日いくらかは播種を始めたい。 明後日の台風由来の雨をずっと心配していて、降雨量が一体どのくらいになるのか。これが肝心なのだ。予報が常に変わる中、「日本気象協会」の今の予報は2日間で35mm。面積がしれている人なら雨明けを待ったほうがよくても、うちは9haあるのだから、しかもかなり乾

国道の通行止めでホトホト困った

13日の夕方からの​国道261号の崩土および通行止めで滅入っている。う回路が一車線で5kmに及び、大変難儀をしている。14日朝の通勤時間帯は最悪。下手な車が往生して、もうちょっとで詰むところだった。車を降りて誘導を強いられることはこれまでに2度。 私の前の車が、対向車が来ても寄らない。それで対向車がバックしようとするが、バックが下手で埒が明かない。私が車から降りて前の車に、 私:「もうちょっとこっ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page