top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

忍耐の籾摺りが始まる

今日は朝一から籾摺り作業だ!と勇んで家を出たものの、案の定、調整やトラブルで時間を食って、まともに流れ始めたのは11時半。ともあれ忍耐の籾摺り作業が今年も始まった。


何度も書いてきて飽きネタだけど、調整ラインに色選を組み入れなければ籾摺りだって大したことはないのだ。今田地区に移る前はそうだった。要は初めから米がきれいだったらいいわけで、今年こそはと一応は期待。でもダメだった。色選かけなきゃ明らかに斑点米で2等っぽい。それは卸先にNGなのだ。


なぜ今田でのお米作りはいつもこうなるのか。何かの不調和とみるのが自然だが、現代人が気が付かないだけで世の中にこういうことは多いのだろう。


明日は稲刈りをやりたい。今日と明日の朝で満量入った乾燥機が空くかどうか。

最新記事

すべて表示

続・自然栽培水田の変遷の成り行き

自然栽培稲作圃場の変遷の成り行きの続きを。 今年から自然栽培稲作用にした圃場(というより平均2haごとのブロック)は、12年前の大区画化圃場整備以降、大豆を8~9回、稲を2~3回作ってきたところである。そしてこの間1粒の肥料も入れていない。数あるブロックの中でここにしたのは、お米を作った時の草の程度が常識的だったことと、耕盤が平らで安定していることがまず挙げられる。除草機をタイミングよく使えばまず

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page