top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

思いっきり空振り

これは5日前の話。


新規転作田に籾殻暗渠を敷設しようと朝から準備を。軽バンやらトラクターやら回送して、暗渠の敷設機をトラクターに装着しようとしたときに、トラクターの足回りのオイルが漏れを発見。滲んでいるくらいなので拭きながらやってしまおうと、敷設機を装着。トラックに乗せようとしたそのときに、なんとさらにミッションオイルの漏れも発見。こちらの漏れは酷いのでこのトラクターによる作業は諦めて敷設機を取り外した。


急いで別のトラクターを回送。ただしこちらはクローラ式ではなく、ホイール式。もみ殻敷設機はクローラ式のトラクターがいい仕事をする。ただホイール式でもできないわけではない。装着して圃場へ回送。


そしてもみ殻を積む前に試運転として進入路から勇み入り、田んぼに一刺し、スタート!・・・しかしあえなく撃沈。ホイール式では田面が柔らかすぎてまったく前に進まない。行けると思ったのにダメなのか~と。判断は難しいんよね。クローラ式でもどうだったか。微妙なところ。



(諦めて回送して帰るところ)


このたびは諦めて、入院が決まったクローラ式のトラクターの退院を待ってからやることに。なくなく事務所へ回送して戻り、敷設機を取り外した。ここですでに14時半前。回送だの装着だのと書けば簡単だが、それぞれが結構面倒くさく、体力を使う。いったい朝から何をやったというのか・・。


こういう空振りは年間を通して時々ある。そしてこれは避けることはできない。こういう空振りをすることで作業の可否の勘を鍛え、条件を体で覚えていく。数値化できない条件に満ちた現場の営みは、この繰り返しによって洗練されていくのだ。そしてそうやって今を築いてきた。


と言いつつ、このたびはあまりに虚しい。いましがた、トラクターの修繕費が10万くらいかかるという連絡も入ってきた。マジか。

最新記事

すべて表示

大豆の播種直前耕うんを開始

朝から大豆の播種直前耕うんを開始。今までで圧倒的に一番早い。 田植えと大豆播種の順番をひっくり返したため、この時期になっている。昨年もそのつもりだったが、5月に雨が多くて結局播種は田植え後になってしまった。今年は天気予報を見る限り、どうやら行けそうだ。 このまま播種までできれば、1回目の除草が6月上旬になるため、上手くやれる可能性がかなり高まる。しかし,ながら、もし天気の都合などでできなかったら、

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page