top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

感動の内覧会

凄い場に参加させていただいた。親しくさせていただいている㈱三維の新社屋の内覧会。たかが内覧会で感激というか感動というか元気を得られるということを、ほとんど想定していなかった。掛け値なく文字通りで忙しい中を、行って良かった。


SUKIMONO㈱の設計はもはやいうまでもなく、周囲の敷地にも、注目されている環境土木の工法を取り入れ、素晴らしい空間を生み出しつつある。そしてこれらを一通り堪能した後に、社長のあのプレゼン。脱帽を通り越して、もはや呆れたと言った方が良い。


無性に気分がよくなって、帰りの道中では、今の私の大地に張り付き、地面ばかり見ている引きこもりのような境遇が、この上もなく有難いと思えた。私は、何というか、皆さんの背景を、その色はグレーか、それで確実に彩るような農産物の生産という立場に注力すればいいのだということを、今さらながらに確信してホッとしたのである。


もしこの三維の社長のような人が身近にいなかったとしたら、おそらく私は同じ今のような農業をやっていても、何か落ち着かないどころか、その正体は分からないが、漠然とした不安を感じているに違いない。


そして関係者はみな私より若い。未来はまだまだ広いのである。そして三維会長の最後の挨拶。感慨は如何ばかりか。


書きたいことはまだあるが、そういえば、内覧会の帰りに一軒立ち寄るのを忘れていたことを思い出した。忘れるくらい感動していた。これからこの忙しい中を、また江津へ向かう。

最新記事

すべて表示

最大の繁忙期に突入

毎日暑い中、​淡々と作業は進み、今日これから大豆の播種準備を。作業機を付け替え、播種機をつけ、姿勢を調整し、できれば今日いくらかは播種を始めたい。 明後日の台風由来の雨をずっと心配していて、降雨量が一体どのくらいになるのか。これが肝心なのだ。予報が常に変わる中、「日本気象協会」の今の予報は2日間で35mm。面積がしれている人なら雨明けを待ったほうがよくても、うちは9haあるのだから、しかもかなり乾

国道の通行止めでホトホト困った

13日の夕方からの​国道261号の崩土および通行止めで滅入っている。う回路が一車線で5kmに及び、大変難儀をしている。14日朝の通勤時間帯は最悪。下手な車が往生して、もうちょっとで詰むところだった。車を降りて誘導を強いられることはこれまでに2度。 私の前の車が、対向車が来ても寄らない。それで対向車がバックしようとするが、バックが下手で埒が明かない。私が車から降りて前の車に、 私:「もうちょっとこっ

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page