• 反田孝之

我が人生に一片の悔いなし

宇宙の外側ってどうなってるのかね。

生命って何だろうね。


いろんなことがくだらない。


ふふふ、ジッと行くよ。

私は私の道を行く。

どうせそう長くない人生だ。(常識的に)

皆から忘れ去られるくらいがちょうどよい。


迷いなくそう思える人生に感謝しかない。


我が人生に一片の悔いなし。


この季節外れの晴天を見ていたら、

ついこんなことを書きたくなった。

最新記事

すべて表示

節目のない生活

今日が新生活のスタート​になる人は世間には多いことだろう。我が子下2人もそう。朝はそれなりに賑やかだった。もちろん私自身にはまったく関係がない。子供がいなければ、今日が年度初めだということすらきっと忘れているはず。 4月1日と言えば思い出すことがある。大学を卒業した直後の春、私は残雪の八ヶ岳に単独で出かけた。海外登山を目指したトレーニング目的であった。その2日目に岩場で腰を下ろし休憩している時に、